お菓子のQ&A:スポンジケーキ:6

Print Friendly, PDF & Email

スポンジケーキが焼きあがった時に
円くならずに、歪な形になってしまった時の対処方法です。

その1:卵を泡立てすぎない

卵の泡立ての目安は、リボン状に落ちるくらいです。
もしくは、「8」の字を描いて、1秒ほど跡が残るくらい。

卵を人肌以上に温めすぎたり
ハンドミキサーを使い、泡立てすぎてしまったりすると
泡が粗い状態になり
しっかりと膨らまなくなります。

ハンドミキサーは便利な道具ではありますが
私は、手で泡立てる方法を使った方が、上手く出来ると思います。

その2:薄力粉を入れたら、さっくり混ぜること!

薄力粉を加えた後は、練らないようにさっくりと、
切るように混ぜます。
混ぜすぎると、せっかくの気泡が潰れるからです。

ですが、逆に泡をつぶさないようにと
慎重になりすぎて、混ぜ足りなくても
これまた膨らみません。

特に、混ぜ足りないことで、
粉にだまが残るようだと、どれだけ焼いても膨らみません。

生地に若干照りが出るくらいまでは
しっかりと、混ぜましょう。

その3:ちゃんと焼けてない状態の例

生地に膨らみがあっても、表面に皺が寄る。
上部がすぼまって、歪な形になる。
きめは、もちろん不揃い。

中心のふくらみが周囲よりも大きい。
キメも中心は粗く、外側が詰まっている状態。

とこんな感じです。

 

参考になりましたでしょうか?

それでは、またお会いしましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました