お菓子のQ&A:スポンジケーキ:7

Print Friendly, PDF & Email

今回は、スポンジケーキが焼きあがった時に
中央が萎んでしまった時の原因を。

その1:薄力粉の分量がおかしい?

生地の薄力粉の分量が少なすぎると
膨らみを支えることができなくなります。

下準備の際に、薄力粉をふるいにかける時や
ボールに粉を移す際などに
粉がこぼれて、分量より減ってしまうことがあります。
分量が違うと、ケーキも膨らまなくなってしまうので
粉を移動する際には、気をつけましょう。

ボールの底に粉が残らないように
指で、しっかりと粉をボールに落とします。

その2:中まで焼けていない?

生地の焼き時間が足りなかったりすると
生地中の水分がしっかりと蒸発しないで
生地がへこむ原因になったりします。

もし焼き足りない場合は、
加熱時間を分単位で、伸ばして調節します。

焼き足りないかの確認方法は
竹串などを中央に刺してみて
生地が付かないくらいが、ちょうど良い焼き加減です。

その3:焼きあがった後に、ショックを加えていない

スポンジケーキなどは、焼きあがり後
ちょうど良く焼けていても
水分が蒸発しきらない場合があります。

そんな時には、焼きあがり後すぐに
ケーキ型ごと、高い所からドン!と一度落とすことで
周辺が萎まなくなります。

このショックを与えると、
ケーキがしっかりと形になりますので
もし、中央以外が萎むことがあったら、試してみて下さい。

但しです!

何度も落とすと、逆に萎むので、一回に留めて下さい。

 

参考になりましたら、幸いです。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました