ずぼら日記【2018/2/21】調理が難しい鹿肉…

2021-03-06

Print Friendly, PDF & Email

圧力鍋でも柔らかくならない鹿肉…

昨夜はジビエ料理に挑戦!ということで、鹿肉のカツレツと角煮を作りました。

鹿肉もロースとかなら柔らかいんですが、いただいたのは筋がたっぷりの赤身肉。

圧力鍋なら柔らかくなるのでは?と作ってみましたが、確かに柔らかくはなりましたが、40分煮込んだ割には、ほろほろに崩れるまでいかなかったですね。

そこで、鹿肉を柔らかくする方法を検索して、牛乳が良いらしいと言うことで、昨夜から牛乳に漬け込んでます。
今夜調理する時に、柔らかくなってれば良いんですが…。

それよりも問題なのは、鹿肉が柔らかくなったとしても、どんな料理を作ろうかですね。

昨日のカツレツは、非常に好評でしたが、カツって衣を付けるの面倒ですし、揚げものも二晩続けてはちょっと…(´・ω・`)

カレーにすると美味しいらしいですが、こちらは家族に反対されまして。

カレーはやめてくれとのこと。
昨日の角煮はトマトベースだったので、今日は和風の甘辛ベースで行こうかなと目論んでます。

エゾシカの肉は、普段食べられないですが、3kg以上もらったので、食べるのにも大変!
せめて柔らかいロース肉だったらと、贅沢な悩みを抱えてます。

ネギ塩レモン焼きなんて、素敵です…!

鹿肉と言うと、ステーキとか煮物しか思いつきませんでしたが、ネギ塩レモン焼きなんてあるんですねー。

鹿肉のネギ塩レモン焼き
鹿肉のネギ塩レモン焼き

料理名:鹿肉のネギ塩レモン焼き
作者:寝虎太郎

今回牛乳に浸した肉が柔らかくなっていたら、こちらも試してみたいと思ってます。

ちょうどネギとレモン汁はあるんですよね。
どちらも臭みが消えそうですし、鹿肉の料理が楽しみになりました。

問題は鹿肉の量が多いことですが、こちらはまた圧力鍋で、角煮を試してみようと思います。

レシパーさんからのポイントを引用させていただくと。

生姜醤油で食べる時もあります(^^♪

とのことでした。

生姜醤油も美味しそうですねー。

鹿肉って今ジビエ料理で人気ですが、市販されている肉でないと、臭みもありますし、固くて大変なんですよね。

カツは大変だったので、今日は作りませんが、カツレツが今までで一番美味しいと好評でした。

ザンギも作ったことがあるんですが、そちらも好評だったので、近いうちにレシピ化する予定です。

とりあえず、今日の夕食の鹿肉は、こちらのネギ塩レモン焼きと、和風の角煮で消費しようと思います。^^

独り言…

昨夜は鹿肉でジビエ料理に挑戦しましたが、二種類作っただけでダウンしました。

調理がすごく大変で、圧力鍋を使っても、ホロホロにはならず…。

鹿肉だけに「肉い(憎い)」ですね。

一応レシピ化出来るように、写真を撮りましたので、ご紹介!

こちらはカツレツです。

鹿肉のカツレツ

こちらトマトベースの角煮です。

鹿肉の洋風角煮

カツレツに使ったのは、こちらのスパイス!

肉にフォークで穴をあけ、スパイスをすりこみ、更に衣に使った卵液にもスパイスを入れました。

家族にはカツが好評で「これならいけるな!」と喜んでもらえました。

角煮は、トマトベースの煮物だったので、家族には不評。
弟だけは「美味しいよ。」と食べてくれましたが。

そして、今朝は入院中の母から電話があり、ようやく管が抜けて、食事が出来るようになったとのことでした。

父が心配していたんですが、その報告を受けて「おお!そうか!」と喜んでました。

退院は来月の頭になりそうですが、手術もうまくいったみたいですし、良かったです。

リンパ節への転移だけ心配ですが、転移してたら抗がん剤の治療が始まるようですし、今の所その気配はないみたい。

早く退院出来ると良いんですが…。

でも電話では元気そうだったので、安心しました。

さて、今日も夜にはジビエ料理。
仕事も頑張ろうっと。