秋にお勧めの紫芋のタルト

2015-11-09

紫芋のタルト
Print Friendly, PDF & Email

紫芋パウダーで、タルトを作ってみました。

中央には、小さな大学芋で、アクセントです。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(タルト型もしくはパイ皿:21cm一台分) 所要時間:80

タルト生地の材料
バター … 75gグラニュー糖 … 35g卵 … 1/2個
薄力粉 … 150g
紫芋のフィリングの材料
牛乳 … 100ccグラニュー糖 … 40g卵 … 1.5個
薄力粉 … 20g紫いもパウダー … 50g
大学芋と仕上げの材料
さつまいも … 100g砂糖 … 大2みりん … 大2
蜂蜜 … 大1.5水 … 大1紫いもパウダー … 大1
生クリーム … 100c

作り方:タルト生地

  1. 耐熱ボールにバターを入れ、レンジで10秒加熱して、柔らかくする。
  2. 砂糖を加え、白っぽくなるまですり混ぜる。
  3. 卵を加え、良く混ぜ合わせる。
  4. 薄力粉をふるって加え、全体がひとまとまりになったら、平たい円形にまとめ、
  5. ラップをして、冷蔵庫で30分ほど冷やしておく。

 作り方:紫いものフィリング

  1. ボールに牛乳、卵を加え、泡だて器で良く混ぜる。
  2. グラニュー糖も加え、さらに混ぜ合わせる。
  3. 薄力粉も加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  4. 紫芋パウダーを加え、全体になじむまで混ぜる。

 作り方:大学芋と仕上げ

  1. さつま芋を皮を残して、小さめの角切りにする。
  2. 油を用意し、170度でカラリと、竹串がすっと通るくらいまで揚げる。
  3. フライパンに、砂糖、みりん、蜂蜜、水を入れ、焦がさないようにして若 干とろみが付いたら、さつま芋を加え、全体に絡める。
  4. 冷めたタルト生地を少し手でもんで柔らかくし、タルト型より一回り大きくなるまで伸ばす。
  5. タルト生地に敷き詰め、フォークで穴を所々に刺してから、重石を乗 せ、180度のオーブンで15分ほど空焼きする。
  6. 空焼きしたタルト生地の粗熱が取れたら、さつまいものフィリングをすくい入れ、平らにならす。
  7. 180度のオーブンで20分ほど焼く。
  8. タルトが完全に冷めたら、クリームの用意をする。
  9. ボールに生クリームと、お湯で溶いた紫芋パウダー、砂糖を入れ、9分立てくらいの固いクリームを作る。
  10. タルトの上に、クリームを絞り、中央に大学いもを乗せる。
  11. 完成!!

途中さつま芋のフィリングが膨らむことがありますが、時間が経てばしぼむので大丈夫です。