お菓子のQ&A:シフォンケーキ:1

Print Friendly, PDF & Email

シフォンケーキで、失敗する原因を探ってみましょう。

その1:メレンゲが混ぜ足りない?

メレンゲと生地がしっかりと混ざらないと失敗します。
混ぜすぎを恐れる余りに、混ぜ足らないとだめです。

メレンゲ以外を混ぜる時には、BPが入る為
ぐるぐると混ぜるだけでOKなシフォンケーキ。

その分、メレンゲはしっかりと混ぜましょう。

生地とメレンゲの固さが同じくらいになり
とろりとした状態になるまで、混ぜましょう。

その2:焼く前には、しっかりと空気を抜く

型と生地の間や、生地の中に空気が残っていると穴があきます。
中央部分を抑えながら、下に布巾を敷いて
型ごと持ち上げるようにして、トントンと落として空気を抜きます。
空気抜きの作業は、数回程度でOKです。

そして、焼く前に、水で濡らした箸などを使い
生地の中をぐるぐると回すと
生地中の空気が抜ける為、穴があきづらくなります。
ぜひ、試してみて下さい。

その3:逆さにして冷まさなかった?!

焼きあがり後、冷ましていても、生地中の水分は蒸発します。
そのため、温かいうちに冷ましてしまうと、萎みます。
ワインの瓶などに、型ごと逆さにして冷ますことで、
萎むのを防ぐことができます。

その4:型から外す時に、乱暴にしてしまった?

生地を型から外す時には、小さめのパレットナイフか、
シフォン用のナイフを使うと良いです。

私はいつも、マイパーラー付属のナイフを使っています。
高いシフォンケーキ用のナイフがなくても、しっかりと外れます。

マイパーラーは、こちらから。

型にナイフを刺し込む時には、
型のすれすれに垂直に立てて、ナイフを周囲に沿ってはわせます。
斜めになってしまったりすると、生地に穴があく原因に!

急いで失敗しないように、ゆっくりと丁寧に周囲を外します。
中央部分は、竹串でOKです。

焼いて膨らんだ部分は、平らになるように切り、ひっくり返して盛り付けます。

と、こんな感じで、シフォンケーキについては以上です。