お菓子のQ&A:バターケーキ:3

Print Friendly, PDF & Email

今回は、バターケーキの失敗について
原因を探っていきましょう。

その1:膨らみが悪く、堅い?

バターは、クリーム状にしてから使わないと
含んでいる空気が足りなくて、膨らみが足りなくなることがあります。

室温に30分以上と良く言いますが
北海道など、室温が冬になると下がる地方などでは
耐熱ボールに入れて、レンジで10~20秒温めると良いです。

ただ、この方法を使うと、バターが柔らかすぎになる可能性があります。
レンジの前で見ながら温め、指で押してみて、指がすっと入るくらいがベストです。

その2:卵が分離してしまった?

卵とバターは、乳化させないと、分離してしまうことがあります。
まろやかなクリーム状になるようにしましょう。

分離する主な原因の一つとして、卵の温度が関係する場合があります。
卵は冷蔵庫の物を使わず、室温に置いたものを使います。

その3番外:バターケーキの手法

バターケーキを作る方法として、
大別して、シュガー・バッタ法というのと、フラワー・バッタ法というのがあります。

シュガー・バッタ法は、良く使われるバターと砂糖を始めに混ぜる方法です。
フラワー・バッタ法は、最初に薄力粉を混ぜる方法で、失敗が少ないやり方です。

どちらを選んでも良いですが、私はシュガー・バッタ法をお勧めします。
作り方がかなり楽なので。(*'∀`*)v

 

と、こんな感じで、今回は終了です。

参考になりましたら、幸いです。