お菓子のQ&A:シュークリーム:4

Print Friendly, PDF & Email

シュークリーム作りって、難しそう?!
私も、最初は思ってました。

でも、作ってみると、案外簡単なんです。
何しろ、スポンジケーキのように混ぜすぎとかがない!
むしろ、沢山混ぜろ?みたいな感じでした。

4つの関門さえ突破すれば、絶対に上手く行きます。
三国志の関羽のように、関門を突破していきましょう!
(わかる人いるかな?)

「第一の関門」
最初に水やバターを沸騰させますが、
この時、黄色っぽい状態では駄目です。

ふわーと白い泡が立つまで、完全に沸騰させて下さい。
泡が黄色い状態ではダメです。

ここが、第一の関門です。

「第二の関門」

白く沸騰したら、間髪入れずに薄力粉を加えます。

粉はふるっておき、とにかく素早く混ぜて下さい。
鍋からはみ出るんじゃないかというくらい豪快に混ぜます。

ここで、混ぜ足りないと、膨らみません。
多少粉が飛び散っても構わないので、一気に手早く混ぜます。
混ぜたりないと、ダマが出来る場合もあります。

「第三の関門」

卵を混ぜる時には、慎重に卵を加えていきます。

ここで入れすぎてしまうと生地が柔らかくなりすぎて、シューの膨らみが悪くなります。
少しずつ加えて下さい。
へらで持ち上げると、ゆっくりと逆三角形に落ちるのが目安です。

特に、柔らかくなりすぎて、とろーっと流れおちたら、大失敗!354354
これ以上は、どうやっても元に戻りません。
固い場合は、卵を少しずつ加えればよいですが、
柔らかすぎにならないように注意をして下さい。

「第四の関門(最終関門)」

オーブンに生地を入れたら、絶対に途中で開けないで下さい!

途中で焼き上がりを見たりは絶対にしないで下さい。
温度が下がってしまい、シューがしぼんでしまいます。

気になるのはわかりますが、ここで開けてしまうと、
一気に温度が下がり、せっかく蒸発しかけていた水分が残ることに。

一度でも途中で開けたら、もう取り返しはつきません。
最終関門でも、開けたい誘惑に打ち勝って下さいね。ぺこ

と、こんな感じに、関門をご紹介しました。

後は、混ぜすぎても、全然OKですし。
というより、しっかりと混ぜましょう。

卵は、分量通りとは限りませんので、最初の1、2個は、丸ごと入れ
後半の卵は、あらかじめ溶いておいてから、少しずつ加えると良いです。

参考になりましたでしょうか?
それでは、シュー生地の関門でしたー。(*'∀`*)v