お菓子のQ&A:クッキー:3

Print Friendly, PDF & Email

さて、クッキー編も最後です。
今回はアイスボックスクッキーの失敗の原因を探ります。

市松模様だったり、チェックだったり。
アイスボックスは、一度は作ってみたいスイーツですよね。
失敗しないように作れたら、きっと楽しいかも?!リラックマ

その1:上手く形が作れない?

色違いの生地は、それぞれ同じ厚みに伸ばします。
生地が部分的に薄かったり、厚かったり。
またバターが溶けだしてしまうと、上手く整形が出来なくなります。

作る形によっても違いますが、生地同士に隙間がないように作るのが大原則です。

生地を接着するには、卵白を使います。

とにかく手早く生地を伸ばし、カードなどを使い、隙間が出来ないように整形するのがコツです。

その2:焼きあがった後に、ひび割れが起きてしまった?

失敗の少ないアイスボックスクッキーですが、
カットの時に失敗すると、ひび割れが起こることがあります。

一気にスパッと切るつもりで、包丁を手早く動かします。
鋸のように上下に動かすと、上手くカットできないので、気をつけて下さい。

と、こんな所で、クッキーの失敗原因については以上です。

実は私が一番苦手とするスイーツが、クッキーです。
シフォンケーキとかパウンドケーキとかは、割合上手くいくのですが、
クッキーはもうね、全然駄目!( ;∀;)
たまに成功もありますが、大抵失敗します。

一度、妹に誕生日に何のスイーツが良い?と聞いたら
クッキーと答えたので、「私、クッキー下手だよ?」と言ったら
「大丈夫。大丈夫。」と妹。
ところが、いざ送ったら、
「本当だ!不味い!」と言われたこともあったり。

でも、そのうち上手くなると信じて、
今度はクッキーを勉強してみようかなと思う今日この頃です。

 

それでは、クッキー編。

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。