ずぼら日記:2016/01/11

Print Friendly, PDF & Email

今日は成人式ですね。

そう言えば、私が20歳の時には、成人式行ってなかった気がします。

というのも、忙しかったので、何となく忘れていたのと、市役所とかからのお知らせを見逃して、何となく過ぎちゃいましたね。

晴れ着とか着たいと思わなかったので、行くならスーツだなと思っていましたが、いつの間にか過ぎてました。(笑)

ちょうど札幌の専門学校に通っていたこともあり、話題にはのぼっていたんですが、地元の市役所に行くのを忘れていたんですよ。

忙しかった理由は、自営業の家の仕事を手伝っていたから。

というのも、理由の一つです。

バイトをしたかったんですが、私の通う専門学校は、土日も授業があることが多くて、深夜のバイトしか出来なかったからなんですね。

それを見かねてか、両親が自営業の店で手伝ってくれということになり、時給100円で働き、そのお金から、毎月の定期代を出していました。

今となっては、懐かしい思い出です。

昔は成人式が1月の15日固定だったのに、今は連休にする為に、日時をずらしてますよね。

確かに連休なのは嬉しいんですが、段々とイベントの日時が意味をなさなくなってきたのは、何だか違和感を覚えますね。

まぁ成人式なら、日時にさほど意味はありませんが、体育の日とかもそうですし、敬老の日とかも 日時をずらしちゃったので、本来のイベントの意味合いが薄れてきたかなぁと。

休みが多いのは、嬉しいんですが、何となく気になるのは、私が昭和生まれだからでしょうか?

考えてみれば、学生時代は、土曜日休みじゃなかったんですよね。

半ドンと呼ばれた、土曜は午前中だけの授業でした。

高校生くらいになると、土曜日が休みになり、面倒くさい午前中の授業が減って、土日が連休になるのが嬉しかったり。

そうなんですよね。

私は連休が、もとい休日が好きなんですよ。

ただ、イベントの日時を忘れることで、イベントの意味を忘れてしまうことが、何だか悲しいんですよね。

例えば、東京オリンピックの開催日を記念したある休日とかもそうですが、休日になった時の意味というか、きっかけみたいなのがあるんですよ。

それが、日時をずらされると、単に体育の日という休日になり、何で休みなのかがわからなくなるのは、ちょっと寂しいですね。

そう言えば、昔は8月だけイベントというか祭日がなかったんですよね。

学生は夏休み中ですから、関係ないですが、社会人になってからは、8月が何だか物足りなく感じていました。

ということ(どういうことで?)で、今日は成人の日ですね。

新成人を迎えた皆さんの、これからのご活躍に期待します。

また羽目を外しすぎたニュースとかにならないように、成人したのですから、節度を保っていただきたいですね。

最後に、おにぎらずの画像で〆ます!

それでは、また明日ー。

おにぎらず5