うなぎよりも!?秋刀魚の蒲焼丼

2015-09-24

秋刀魚の蒲焼丼
Print Friendly, PDF & Email

秋刀魚を揚げ焼きしたものを、甘辛いタレに絡めます。

毎年秋刀魚が手に入ると作る、我が家の定番メニューです。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(2人分) 所要時間:20

白飯 … 丼2杯秋刀魚 … 3尾酒 … 大2
みりん … 大2生姜 … 1かけ醤油 … 大1
砂糖 … 小1片栗粉 … 適量

作り方:

  1. さんまを3枚におろす。
  2. さんまにすりおろした生姜を絡め、酒をふってしばらくおく。(10分ぐらい)
  3. さんまに片栗粉をまぶし、余分な粉ははたいておく。
  4. フライパンに油(分量外)を2~3cmくらいの厚さでひいておく。
  5. 皿などの容器にキッチンタオルを敷いておき、油切りの準備をしておく。
  6. 皮側を下にして、フライパンで焼き始める。
  7. 箸で軽く持ち上げてみて、身が崩れない程に硬くなったら裏返す。
  8. 両側がきつね色にこんがり焼けたら、火から下ろす。
  9. 敷いておいたキッチンタオルの上で、しばらく冷ましておく。
  10. 別のフライパンに、みりんを入れて火にかける。
  11. みりんのアルコール分がある程度飛んだら、しょうゆ、砂糖を加える。
  12. 焦がさないように気を付けながら、木ベラなどでとろみが付くまで火を通す。
  13. 先ほど冷ましておいたさんまを加え、そっとたれを絡める。
  14. 丼にご飯をつぎ、たれを絡めたさんまを乗せる。
  15. 完成!!

タレは焦げやすいので、焦げないように注意して下さい。