土用の丑の日にも!秋刀魚の焼き寿司

秋刀魚の焼き寿司
Print Friendly, PDF & Email

サンクスで期間限定で購入した、焼き秋刀魚の棒寿司が美味しかったので、何とか再現したくて、作ってみたレシピです。
秋刀魚の質が違うので、全く同じ味にはならなかったかもしれませんが、再現度は高くなったと思います。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:30分ほど

秋刀魚の棒寿司
白飯…茶碗に5~6杯秋刀魚…2尾寿司酢…大4~6
ガリ…適量椎茸の薄切り…少々マヨネーズ…適量
タレ
砂糖…小1醤油…大1酒…大2
みりん…大2

作り方:

  1. ボールか飯台に白飯を入れ、寿司酢を回しかけ、切るように混ぜてから、室温で冷ます。
  2. 秋刀魚は、三枚におろす。
  3. フライパンに、油をひき、その上にクッキングシートを乗せる。
  4. 秋刀魚を皮を上にして乗せ、焼き始める。
    (皮から焼くと、焦げることがありますし、身が崩れやすいです。)
  5. 中火にかけ、手をかざして熱く感じたら、蓋をして、6~7分焼く。
  6. 身が崩れないくらいに固まったら、箸でそっとひっくり返す。
    (焼き加減が足りないと、身が崩れてしまうので、焼きが足りないと思ったら、更に焼いて下さい。)
  7. ひっくり返したら、更に蓋をして、5分ほど焼く。
  8. 小さめのボールに、<タレ>の材料を混ぜ合わせ、タレを作る。
  9. フライパンにタレを流し入れ、弱火にして、汁気がなくなるまで煮詰める。
  10. 皿に、味付けした秋刀魚を乗せ、冷ましておく。
  11. まな板の上にラップを敷き、4等分したご飯を、秋刀魚の長さに合わせて、棒状にまとめる。
  12. その上に、がり、マヨネーズ、椎茸(レンチンした物)を乗せ、更に上に焼いた秋刀魚を乗せる。
  13. ラップで包み、冷蔵庫で、1時間ほどなじませる。
  14. 完成!!

ポイントは、秋刀魚をフライパンで蒸し焼きにすることで、グリルで焼くよりも、秋刀魚が柔らかく仕上がったと思います。
ただ、その反面、秋刀魚が崩れやすいので、身が崩れないように、注意して下さいね。