連載:失敗日記12:HB編2

2016-12-15

Print Friendly, PDF & Email

失敗日記、12弾です!

お暇つぶしにどうぞー!(´ω`)

失敗日記12:ホームベーカリー編2

マリリン。
名前を覚えてる方は、いらっしゃるだろうか?
そう私の持っているホームベーカリーの名前である。

彼女は素晴らしい。
毎日のように、美味しいパンを作ってくれる。
私は彼女が、自分の子供のように可愛いのだ。

そんな時である。
父の友人が家に泊まっていっていたのが三日間。
夕食を作っていただけるのだが、
毎日作ってもらうのも気がひけるので
何度かは私が作った。
だが、今はその話は置いておこう。

朝食のパン作りも、私の仕事。
毎晩残りご飯を、1時間水に潤かし、
その後、計量をして、パンのスイッチを入れる。
もちろん、タイマーつきで、
毎朝焼き立てのパンを試していた。

ところがである。
ある時、久しぶりにタイマーを使わずに焼いたら
全く膨らんでないのである。

え?ホッタイモイジククルナ!
じゃない、Oh my God!
何で、全く膨らんでないの?
私、どこか間違えた?

必死に原因を探ろうとしていたら、
お客さんが一言。
「ドライイースト入れ忘れたんじゃないか?」
はっ!!?

ああ、そういえば、そうだった。
原因はあっさりと解決。

毎日のことで、レシピ本を見ないで作ったのが不味かった。
もうすでに頭にレシピが入っていたので
最後のドライイーストを入れた気分になっていたのである。

ドライイースト入れないと、そりゃ膨らまないよね?
流石にお客さんは、料理をする人だ。
あっさり原因を解決してくれた。
さて、この失敗作をどうしよう?
固くて普通には食べられないし…

そんな時、またお客さんから助言が。
「切って、油で揚げて、かりんとうぽくしたらどうだい?」

おお!またもや神発言!
それは良い方法かも知れない。

次の日。
失敗作は、見事にかりんとうになって復活。
これなら、美味しいねと、かりんとう好きの母もご満悦。

本当に慣れた頃が、一番危ない。
今回はケアレスミスではあるが、致命的なミス。
これからは、ちゃんとレシピ本を確認しながらにしようと思った。

マリリンのせいではなかった。
壊れたのかと思ったが、
マリリンのせいでは決してなかったのだ。
ごめんよ、一時でも疑ってしまって…
愛しのマリリンよ。

ホームベーカリーの失敗は、これで二度目。
どれも材料が原因だった。
本当に何時になったら懲りるのか…
でも、失敗は成功の母という。

少なくとも、同じミスは犯さないはずだ。
気をつけるきっかけになって、
失敗も経験値となる。

HBは機械である。
機械は嘘をつかない。
原因は、大抵人間側にある。
今回はそれが身に染みた。

今夜もパンを焼こう。
卵入りのスイートパンにするか。
2斤の通常の食パンにするか。
To be or not to be。
それが、問題だ。