冬におすすめ!手羽元の水炊き風

手羽元の水炊き風
Print Friendly, PDF & Email

ポイントは、一旦鶏の手羽元を、圧力鍋で煮込んでしまうことなんです。
肉が柔らかくなり、肉離れも良くなり、鍋って熱いので、肉が柔らかくないと食べづらいですが、圧力鍋で仕込んでからは、箸で割いて食べられるーと、家族に喜んでもらえました。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:30分ほど

手羽元の加工用
手羽元…12本水…100cc酒…100cc
具材とつゆ
白菜…1/2個長ネギ…1本卵…4~6個
水…600ccみりん…大2~3ウェイパー…大1
醤油…大4

作り方:

  1. 圧力鍋に<手羽元の加工用>の水と酒を入れ、手羽元を重ならないように並べる。
  2. 蓋をして、中火で熱し、重りがカタカタしだしたら、弱火に落とし、10~15分煮る。
  3. 白菜は、ザク切りにする。
  4. 鍋物用の鍋に、水、みりん、ウェイパー、醤油を入れ、一旦沸騰させて、調味料を溶かしておく。
  5. 鍋に水と卵を入れ、固ゆでのゆで卵を作っておく。
  6. 調味料が溶けたのを確認してから、鍋物用の鍋に、白菜、手羽元、ゆで卵を入れて、白菜が柔らかくなるまで煮る。
  7. 最後に、斜めに切ったネギを乗せ、強火で5分ほど煮たら、完成!!

一応鍋物ということで、白菜やゆで卵などなど、多くの野菜も入れてみました。
ただ、野菜はアレンジが可能なので、お好きな物で作ってもOKです。

手羽元を先に圧力鍋で煮込むのがポイントなので、面倒かもしれませんが、ちょっと一手間かけてみて下さい。