秋の和菓子!薩摩芋のつぶつぶ餅

薩摩芋のつぶつぶ餅
Print Friendly, PDF & Email

餡子もサツマイモで作って、おいもだらけの餅というか大福になりましたが、生地自体はレンジで作れるので、とってもお手軽です。
上に乗せているサツマイモは、あってもなくても構いませんが、チラシの姿に似せる為に、簡単なトッピングにできるようにしてみました。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(5人分) 所要時間:30分ほど

つぶつぶ餅
道明寺粉…250g水…280ccくらい飾り用薩摩芋…薄切り10枚
上白糖…大2シロップ…適量
薩摩芋あん
さつまいも…250g上白糖…大4レモン汁…大1弱

作り方:

  1. さつまいもを綺麗に洗い、飾り用に薄切りしたものを10枚用意する。
  2. さつまいもの皮をむき、一口大に切ったら、レモン汁とかぶるくらいの水でゆでる。
  3. ゆでている間に、餅の用意をする。
  4. 耐熱ボールに、道明寺粉を入れ、水を少しずつ加えては混ぜ、全体がなじむまで混ぜる。
  5. ラップをし、レンジで6~7分加熱する。
  6. レンジから取り出したら、ラップを外し、乾いた布巾をかけ、10分ほど蒸らしておく。
  7. フライパンに砂糖大2、水大4(共に分量外)を入れて火にかけ、軽くとろみがつくまで火を通して、シロップを作る。
  8. 薄切りにしたさつまいもは、一旦水にくぐらせてから、レンジで1分半ほど加熱する。
  9. 加熱したさつまいもに、先ほど作ったシロップを絡ませたら、飾りはOK。
  10. ゆでておいた薩摩芋は、熱いうちに裏ごしをしておく。
  11. 裏ごししたさつまいもを10等分し、それぞれ丸めて餡子を作る。
  12. 10分蒸らした餅に、上白糖を加え、木べらで良く混ぜ合わせる。
  13. 餅も10等分し、さつまいもの餡を一つずつ包む。
  14. 全部の餡子を包み終えたら、トップに飾り用のさつまいもを飾って、完成!!

ちょっとサツマイモのもさもさとした食感はありますが、冷蔵庫で冷やしてから食べると、結構美味しかったです。
もし、餡子があれば、サツマイモ餡の代わりに作っても美味しいかも知れないです。