圧力鍋で!秋刀魚の蒲焼煮

秋刀魚の蒲焼煮
Print Friendly, PDF & Email

旬のさんまがお安く手に入ったこともあり、今まで家族に大好評だった蒲焼煮にすることにしたのですが、家族に魚嫌いの弟がいて、弟が食べにくいという理由で、余り魚を食べないもので、何とか魚を食べさせようと思いついたレシピです。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:30分ほど

秋刀魚の下処理
秋刀魚…4尾生姜の薄切り…1かけ
調味料
水…100cc酒…100cc砂糖…大2
みりん…大1醤油…大3

作り方:

  1. 秋刀魚は頭を落とし、内臓を取り除いてから、それぞれ筒状に4等分する。
  2. 生姜は皮をむき、薄切りにする。
  3. 圧力鍋に、生姜と<調味料>の材料を全て入れ、一旦沸騰させる。
  4. 秋刀魚を重ならないように並べ、蓋をして、重りがカタカタ言うまで強火で火を通す。
  5. 重りがカタカタしだしたら、中火に落とし、そのまま15~20分ほど煮る。
  6. 煮えたら、しばらく置いておき、蓋が取れたら、強火で煮汁がなくなるまで煮る。
  7. 完成!!

普通の蒲焼煮と違う点は、圧力鍋を使うことで、圧力鍋を使うと、煮る時間が少なくなる上に、骨を取らなくても、そのまま食べられるほど柔らかく仕上がるという利点があり、そちらで作ってみた所、例の弟が「美味しい!」と沢山食べてくれました。

骨まで食べられるのは、圧力鍋ならではですね。w