お菓子のQ&A:チーズケーキ

 


Print Friendly, PDF & Email

ベイクドチーズケーキは、ほぼ混ぜるだけですが
それでも、失敗してしまうことがあると思います。

失敗の原因を探っていきましょう。

その1:表面は焦げるのに、中身は生のまま?

小型のオーブンや、上火の強いオーブンで焼くと起こることがあります。

型に生地を流し込んだら、へらでゆっくりと軽くなでて
表面を平らにしてから、焼くと良いです。

また、表面が焼けすぎるのを防ぐために、
焼いている途中で、アルミホイルをかぶせるという手もあります。

次は、スフレチーズケーキの失敗です。

その2:中心がへこんでしまった?

スフレを支えているのは、メレンゲの泡です。
メレンゲの泡をつぶさないように、ゴムべらでさっくりと混ぜます。

また、焼きあがり後、すぐに型の周囲だけを
パレットナイフなどで、外すと、中央が萎むのを防げます。

冷ました後切る時には、切れる包丁で、
押したり引いたりしないで、一気にカットします。

チーズケーキの最後は、レアチーズケーキの失敗です。

その3:レアチーズケーキで、食感が悪い?

チーズケーキは焼く工程がないので、
ほぼ混ぜて冷やし固めるだけと、チーズケーキの中では一番簡単です。

失敗を防ぐには、チーズとゼラチンがしっかりと混ざるようにします。
ゼラチンは、水にふりいれ、ふやかしたものを使います。

逆にゼラチンに水をかけてふやかすと、ゼラチンが綺麗に溶けません。

ゼラチンは、レンジで溶かすのが一番簡単です。
生地に混ぜる時には、熱いうちに混ぜ込みます。

ゼラチンが残ると、滑らかな口当たりになりませんので
レアチーズケーキを作る時には、ゼラチンの状態を確認しましょう。

と、こんな感じで、大きく分けて三種類のチーズケーキの失敗の原因をご紹介しました。

チーズケーキって、美味しいですよね。
自分で作るチーズケーキは、また格別の味です。

参考になれば、幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。