ずぼら日記【2018/5/11】こごみも天ぷらが美味しい?

2021-03-05

Print Friendly, PDF & Email

昨日はこごみの天ぷらでした。

昨日は父が仕事をお休みの日だったので、山菜のこごみをわんさと取ってきてくれました。

何でも母の友人が、こごみを好きらしく、おすそわけの意味で沢山取ってきてくれたみたいです。

で、父が「今日は俺仕事休みだから、天ぷらするぞ!お姉ちゃん、衣の作り方を教えてくれ。」とのことだったので、メモ用紙にレシピを記載。

それで仕事が終わったのが、大体17時10分を過ぎた頃、出来てるかな?と思っていたら、父は外の家庭菜園で何かの用事をしていたらしく、もちろん母が作ってくれることもなく…

仕方ないので、即効でこごみの炒めものと天ぷらをすることに。

ご飯の時間になって戻ってきた父が「結局お姉ちゃんに任せちゃったなあ。」なんて言ってましたが、これはすでにわかりきっていたこと。

もう衣のレシピを書いた時点で、私がすることは決まっていた感じ。

ところが、私がご飯支度を始めたら「もう17時だよ?」なんて、母に嫌味を言われまして。

私は仕事をしていたのに、何で暇なあなたが作らないの?と、ちょっとカチンと来ましたね。

ただ、こごみの天ぷらは家族に大好評。

弟も「これだけあったのに、一晩でなくなったね。」なんて言いながら、春を味わいました。

天ぷらは大変だったけど、作って良かったかな?^^

熱湯をかけると色が…

昨日は、父がタブレットで楽天レシピさんの今回ご紹介しているレシピを参考にしたらしいんですが…

春の山菜 こごみの天ぷら
春の山菜 こごみの天ぷら

料理名:こごみの天ぷら
作者:はなまる子♪

お湯をかけるとあったので、お湯をかけたら、緑だったこごみが茶色に…!(´Д⊂ヽ

父曰く、お浸しのレシピを参考にして、1分間放置してしまったらしいんですね。

そこで母がすかさず「●●さん、そのまま揚げれば良いって言ってたよ?」と助言めいたことを。

少しの量だけだったので、茶色になったのも少しでしたが、父はお湯をかけた後、水で色止めをしていなかったらしいんですね。

こちらは伝え忘れたので、私のミスでもあります。

結局残りは、天ぷらの衣をまぶして、そのまま揚げました。

緑色に揚げるなら、お湯はかけない方が良いみたいですね。

レシパーさんからのポイントを引用させていただきますと。

こごみは葉のくるりと巻いている部分は汚れがたまりやすいので、汚れをしっかり落とします。
お浸しなどには沸騰したお湯で1分茹で、氷水にさっとくぐらせ色止めをすると、綺麗に仕上がります。

とのことでした。

昨日は天ぷらで美味しくいただきましたが、今日ももしかしたら天ぷらになるかも?

仕事が忙しくなると、揚げものは時間がかかるのできっついんですが、家族が一番喜ぶのが天ぷらなんだよなぁ。

今日の夕飯どうしよう…(^_^;)

昨日は、仕事がめっちゃあって大変でした。

夜の10時とかに終わる事も多いので、食事の支度の時間を仕事にあてられたら、夜の8時には終わるのになぁとちょっと困ったことに。

しかも昨日は父が休みの日だったので、一週間の買い出しに出かけたんですが、洋服とか100均とか色々行ったせいで、2時間もかかり…。

と言うのも、久しぶりに母が外出したいとのことだったので、父と母と弟(一緒に休みだった)で出かけたんですね。

母がいると買い物が長くなるので、私は行きたくなかったんですが、行かないと言うと母の機嫌が悪くなるので、仕方なしに同乗。

案の定母の買い物が終わるまで、長く待たされることに。

ところが、時間をかけていた元凶の母が「もう疲れたから良いわ。」とか言ってきて、弟と一緒に「疲れたのはこっちだよね?」なんて話も出てきて。

自分が具合悪くなるのがわかっているなら、あんなに色々な店を梯子しなければ良いのに…。

付き合わされたこっちが大変で、お陰で仕事にかかり始める時間も遅れて、17時を過ぎても仕事が終わらず…。

それで夕食の支度が遅いと文句を言われて、かなり理不尽でした。

作っている最中にも文句を言われて、ご飯の時間になったら、他の家族がいるので文句を言わない。

内弁慶外地蔵とは、ああいう人を言うんでしょうね。

さて、今日も仕事頑張らなくちゃ!