ずぼら日記【2018/6/3】梅ジュースが大好き!

赤じそより梅のジュースが好き!

毎年赤じその季節になると、母が赤じそジュースを作ってくれます。

普段料理をしない母ですが、赤じそジュースの作り方を友達から教わったらしく、毎年作ってくれるんですね。

でも私は、そんな赤じそジュースが大の苦手。

シソ自体は大好きなんですが、赤じそジュースがどうしても美味しいとは思えず…。

だからかもしれないですが、祖母が生きていた頃に作ってくれた、梅ジュースが忘れられないんですね。

祖母は料理上手だったらしいんですが、もう大分時間が経っているせいか、他の料理は覚えていません。

でも梅ジュースだけは覚えていて、あの味をもう一度飲みたいと感じていました。

たまにスーパーで梅が安くなることがあるので、その時に買って置いて、今回の梅ジュースをぜひ試したいです!

かなり昔になりますが、梅干も自作したことがあり、塩分濃度がちょっと高めだったせいか、かなり日持ちして、しかも美味しくて。

そのまま食べるとしょっぱいのですが、母曰くおにぎりに入れたら最高!と言われました。

また梅1kgで150円とかならないかなぁと密かに期待してますが、なかなか難しそうですね。(^_^;)

梅ジュースの作り方は簡単?!

梅ジュースの作り方を見ていたら、一旦冷凍するとあり、これはもしかして栄養をアップするため?と思いました。

と言いますのも、梅に限らず、大抵のフルーツは冷凍すると栄養価がアップするらしいんですよ。

梨とかびわみたいな水分の多いフルーツは味が落ちますが、冷凍は結構使える方法らしいんですね。

多分殺菌目的だとは思うのですが、まず冷凍の段階で、なるほどなぁと思いました。

美肌作りと夏バテ防止のお手伝い❤梅ジュース☆
美肌作りと夏バテ防止のお手伝い❤梅ジュース☆

料理名:梅ジュース
作者:Anelavivi

青梅と氷砂糖だけで作れるなら、梅酒よりも簡単ですし、何しろアルコールは私が飲めないので、作っても飲む人いないんですよね。

でも梅ジュースなら、家族の誰でもが飲めますし、夏バテにも良いみたいで、これはぜひ作りたいですね。

梅を売り出すシーズンが来たら、少々高くても買って、今年こそ梅で何かを作りたいですねー。

梅ジュースを作っておけば、梅が苦手な弟でも飲めそうですし。

今年ぜひ作ってみます!

さて、レシパーさんからのポイントを引用させていただきますと。

面倒ですが、毎日忘れずに瓶の中の梅をコロコロと混ぜて下さい!
また常温の涼しいところで保存してください。

とのことでした。

冷蔵庫で保存しておかなくても良いんですねー。

氷を入れて割って飲むなんて、カクテルみたいでおしゃれですね。

早くスーパーで梅を売りださないかなぁ。^^

独り言…

昨日は、ちょっと気分転換に公園に行ってきました。

本当は歩いて行く予定だったんですが、弟が「仕事夜に延ばすくらいなら、俺が車で送っていくよ。」と言ってくれて、片道1時間の場所が片道15分で済み。

で行こうとしたら、母が「畑にまくから、蓬を取ってきて。」と。

そこで着いた早々から、蓬を沢山切って取ってきたんですが、帰ってきたら「こんだけしかないなら、足りないしょ!」と怒られ。

見える範囲のは全部取ってきたと言っても、怒りは収まらず。

弟も「なんで、取ってきてくれてありがとうって言えないの?」と言ってくれましたが、母の機嫌は直らず。

もうね、放っておくことにしました。

何でも昨日は朝早くから、父と喧嘩をしたらしく、機嫌が悪かったみたいなんですね。

子供に当たるなよ。と思いましたが、いつもの母ですから、仕方ないですね。

そして昨日は、父が取ってきてくれた山菜をてんぷらに。

うどの葉を天ぷらにして、身の方をピクルスにしました。

後はチキンカツとささみカツを揚げて、更にわらびで炒めものを作って。

そうしたら、うどのピクルスがめっちゃ美味しいんですよ!

父も「うどの一番美味しい食べ方かもしれないな。」とパクパク。

私も食べてみましたが、癖の少ないセロリのピクルスと言う感じ。

レシピ化はしませんでしたが、本日のメルマガにて簡単に作り方をご紹介してます。

今日は何にするか決まってませんが、仕事もあるので、終わってから考えることにします。

さて、今日も仕事頑張らなくっちゃ!

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 48現在の記事:
  • 179今日の閲覧数:
  • 198昨日の閲覧数:
  • 159今日の訪問者数:
  • 168昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。