ずぼら日記【2018/6/18】大トロサーモンで海鮮丼?

大トロサーモンを丼ものにしてみました!

昨夜は、残った大トロサーモンを使い、丼ものにしてみました。

ブログでもご紹介させていただいたレシピを参考に、ご飯を酢飯にして、脂が強いサーモンだったので、ごま油もなしにアレンジです。

父に作ったら美味い!と言いながら、ご飯をおかわり。

せっかく酢飯にしたのに…!

でも父が喜んでくれたので、良かったです。

一応写真にも撮ったんですが、こんな感じです。

これで大トロサーモンも食べつくしたので、後の楽しみは干物ですね。

間宮塩蔵さんの干物は脂ののりが良いので、毎年楽しみにしています。

大根がないので、おろしが作れないのは残念ですが、今日はどの干物を焼こうかと楽しみが増えました。

やっぱり大トロサーモン良いなぁ。

また来年も父の誕生日に買いたいと思います。^^

餃子の皮で草団子を包むなんて!

餃子の皮のスイーツは、私もいくつか作った事がありましたが、草団子を包むのは初めてです!

すごいアイディアですね!

私には草団子を餃子の皮で包むという発想さえありませんでした。

しかもすごく美味しそう!

揚げ焼きにすると、確かに皮がパリッとしますし、中の団子とも相性が良さそう。

ナッツまで入れるとなると、市販品みたいな仕上がりになりますね。

餅を餃子の皮で包むアイディア、ぜひ今度試してみたいです!

新感覚のスイーツ!
餃子の皮でのスイーツは、本当に色々あるものですね。^^

独り言…

昨夜は、ラーメンサラダと鶏肉と茄子の炒めもの、群馬の妹からの魚の煮付け、大トロサーモンの丼で楽しみました。

大トロサーモンも残り最後と言う事で、両親分しか作れませんでしたが、丼ものにしたら父が大喜び。

やっぱり大トロサーモンは良いですねー。

父が毎年楽しみにしているので、こちらも嬉しくなります。

今日は干物を焼こうと思っていますが、どの干物から焼こうかとこちらも楽しみです。

うども先日使いきれたので、後はピクルスを残すのみです。

こちらのピクルスも、父が「これならいくらでも食べられる!」と漬けたのを楽しみにしています。

私はうどは余り得意ではないのですが、ピクルスなら食べられました。

レシピ化しておけば良かったかなぁ。

うどのピクルス、本当に美味しいんですよ。

きゅうりとかに比べると、うどの風味があるので、多少苦みはあるんですが、寿司酢の酸味で気にならなくなるんですよね。

メルマガ読者様には、すでに配信済みですが、こちらでも簡単にご紹介します。

【材料】
うど…瓶に入るだけ
寿司酢…180cc
白ワインか日本酒…150cc

【作り方】

1:うどを斜めの乱切りにします。
2:寿司酢とお酒を鍋に入れて、沸騰させます。
3:お酒のアルコールが飛んだら、室温で冷まします。
4:うどを瓶に入れ、冷ました漬け汁を注ぎます。
5:粗熱が取れたら、蓋をして、冷蔵庫で保存で完成!!

粗熱が取れる前に蓋をしちゃうと、後で開けづらいので気を付けて下さい。

瓶の大きさやうどの量で漬け汁も微調整してみて下さい。

さて、今日から月曜日!
仕事頑張るぞー。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 36現在の記事:
  • 165今日の閲覧数:
  • 198昨日の閲覧数:
  • 149今日の訪問者数:
  • 168昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。