ずぼら日記【2018/10/19】サツマイモのお菓子と言えば…?

2021-03-02

Print Friendly, PDF & Email

さつまいものお菓子と言えば…

さつまいものお菓子と言えば、洋風ならスイートポテト、和風なら饅頭とか色々ありますが、普段食べるなら芋ケンピも美味しいですよね?
カリッとした歯ごたえと、シンプルな甘み。

以前七美茶というお茶に付いてきた、芋ケンピの味が忘れられません。
揚げているので、ダイエットには向かないかもしれませんが、たまに食べると美味しいんですよねー。

さつまいもを使った大学芋とかも美味しいですが、やっぱりポリポリ食べられる芋ケンピは美味しいと思います。

実は芋ケンピは母が大好物なので、母がたまに買って来ては、クロスワードの合間にポリポリ食べているのを見かけます。
母は体重が軽く、私よりも食べているはずなのに、太らないんですよねー。

家庭菜園でもサツマイモが取れたこともあり、今度芋ケンピにも挑戦してみようかなと思ってます。
自作出来たら、最高のおやつにもなりそうですね!^^

芋ケンピは低温が良い?

芋ケンピって、以前チャレンジした事がありますが、どうしても売ってるのみたくならなくて挫折しました。
もしかしたら、乾燥させないとダメなのかな?と思ってましたが、今回ご紹介しているレシピを見たら、低温がポイントとわかりました。

自家製☆味見が止まらない!芋ケンピ
自家製☆味見が止まらない!芋ケンピ

料理名:自家製☆味見が止まらない!芋ケンピ
作者:cappuccio1124

高温で揚げるよりも、低温でじっくりと揚げるのがポイントみたいですねー。
一つ勉強になりました。

見かけもすごく綺麗ですし、これなら自分でも作れそうです!
サツマイモがまた収穫出来たら、ぜひ作ってみたいですね。

低温でじっくり、これを基本に頑張ってみます。

レシパーさんからのポイントを引用させていただきますと。

きつね色になったさつま芋は余熱でどんどん茶色くなっていきます。
気になる方は薄めの茶色に揚げて下さい。

とのことでした。

きつね色になったら、取り出さないとダメなんですね。
こちらもすごくわかりやすいポイントで、ためになります。

夕食の後、時間が出来たら、作ってみたいです!^^

独り言…

昨日は待ちに待った業務研修が終わり、また新しい仕事がスタートしました。

研修が終わったら、家族で買い出しに出かけ、帰ってきたら、即効で夕食の用意。
今回は鶏もも肉が余っていたので、久しぶりのザンギに。

家族からは衣がうまいと大好評。
今回はチューブの生姜とにんにくをがっつり効かせたのが良かったらしく、お店屋さんみたいと喜ばれました。

ザンギは北海道のソウルフードとも呼ばれていて、私も割合小さい頃から作る事が出来た、簡単な料理でもあります。
揚げものだと逆に楽なんですよねー。

今日は新しい仕事が入った事もあり、また慣れるまで忙しくなりそうです。

ライティングの仕事もやりがいがありますが、ディレクターの仕事もやりがいがあり。
私には天職に感じています。

持病があっても仕事が出来ることに、毎日感謝しています。
ネットが繋がることで、出来る仕事が増えたのは、本当に嬉しいです。

さて、今日の夕食は何にしようかな…