ずぼら日記【2018/11/16】りんご飴の思い出とおすすめレシピ

20210309

お祭りのりんご飴の思い出

りんご飴と言えば、昔からお祭りにありましたが、私は食べた事が無く、どんな味なんだろう?と不思議に思ってました。

今でこそ、お祭りとか行かなくなりましたが、小学生の頃はお祭りを「見るだけだよ?」と言われ、本当に見るだけで何も買ってもらえず…
お祭りのお駄賃は100円だったので、買えるのは一番安いべっ甲飴だけ。
それでも毎日のようにお祭りに行ってました。

チョコバナナとかも美味しそうでしたが、やはりりんご飴などのフルーツ飴が美味しそうで。
お祭りという特別感も手伝い、それは美味しそうに見えた物です。

そんな昔の思い出があるりんご飴。
作り方を見ると、割と簡単そうなんです。

たまに昔買えなかった思い出と共に、自分でも作りたいものです。^^

りんご飴は姫リンゴでなくてもOK?

お祭りのりんご飴と言えば、小さい姫リンゴを使うイメージがありましたが、今回ご紹介するりんご飴は、でっかいふじりんごでも出来るそうですね

お祭りのリンゴ飴
お祭りのリンゴ飴

料理名:お祭りのリンゴ飴
作者:ぴちたろ

姫リンゴは、普段スーパーなどにも売っていないので、普通のりんごが使えるのは便利だと思います。
でも、でっかいりんご飴って食べにくくないのかな?と思いつつ、逆にでっかいりんごの方が特別感が増す気もしますね。

りんごが大きくても出来るレシピなら、家にあるリンゴでも出来ますし、作り方もとてもシンプル!

レシパーさんからのポイントはありませんが、家でいつでもお祭り気分が味わえそうです。

りんご飴は子供も喜びそうですし、今度甥っ子や姪っ子が遊びに来たら、作ってあげたいですねー。

パリッとした飴の感じとリンゴのしゃくしゃく感。
合わないはずがないですよね!^^

独り言…

昨日は妹が赤ちゃんを連れて帰省しました。

男の子なのに、女の子みたいにふにゃあふにゃあと泣く、めっちゃ可愛い子なんですよ。

赤ちゃんがこんなに小さかったっけ?と思いつつ、抱っこすると泣きやんだり、とにかく可愛い!

妹も母乳を出すために、食事に気をつけないといけないので、昨日は初日だからと、太巻きと茶碗蒸しを作り。
夜にはホットミルクなど、とにかく水分などに気をつけています。

母には余り過干渉にならない方が良いよ?と言ったのですが、やたらと口を出してくるんですよね。

以前上の妹が帰省した際には、母の過干渉で鬱の手前に行った事もあるので、過干渉だけは気をつけて欲しいのですが…

それにしても赤ちゃんの泣き声は可愛いですね。
声を聞くだけで癒されます。^^

何故赤ちゃんの声がうるさいと思うんだろう?と不思議でたまりません。
私は隣で赤ちゃんの声が聞こえても、寝れなかったことはありませんし、まぁ人それぞれなのかも知れないですね。

今夜の夕食はおでんの予定ですが、他に何を作ろうかなぁと迷ってます。

とりあえず、今日の仕事を早めに終わらせて、食べたがっているスイートポテトも作ってあげたいですね。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 45現在の記事:
  • 83今日の閲覧数:
  • 241昨日の閲覧数:
  • 73今日の訪問者数:
  • 203昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。