ずぼら日記【2018/12/15】もみの木の意味とおすすめレシピをご紹介!

2021-03-02

Print Friendly, PDF & Email

何故クリスマスはもみの木なの?

クリスマスになると、もみの木をツリーに使う事が多いですよね?
でも、何故もみの木を使うのか不思議に思った事がありませんか?

実は、これには諸説があるんですが、主な理由をご紹介します。

●アダムとエヴァに関連:知恵の実がなるりんごの木は、冬になると葉が落ちてしまうので、代替品として使われたから
●葉っぱが落ちないから:冬になっても葉が落ちないので、その豊かな緑が「永遠の命」を連想させるから
●ドイツでの伝承:ドイツでは、もみの木に妖精が宿るとされ、そこからクリスマスに繋がったから

などの理由があります。

もみの木を日本で調達するのは難しいですが、庭に植えるなどできれば、毎年クリスマスツリーを飾る事も出来ますね。^^

日本ではクリスマスツリーも市販されていますが、やはり本物の木を使ってみたいという気持ちもあります。
何故なら、片付ける必要がないから。(^_^;)

だって、飾りを取るだけでOKなんですよ?
ずぼらな私にとってみれば、それはかなり大きな理由になります。

プリンももみの木でデコレーションすれば…

プリンって、クリスマスに作る人は意外と少ないかもしれません。
でも苺のプリンとかなら、クリスマスにも合いますよね?

今回ご紹介しているレシピでは、市販のプリンでも出来るそうなので、手を抜きたい!と感じる忙しい主婦の方にもおすすめです。

デコレーション☆もみの木プリン☆クリスマスケーキ
デコレーション☆もみの木プリン☆クリスマスケーキ

料理名:デコレーションケーキのプリンバージョン
作者:いちごといっしょ

プリンもデコレーション次第で、すごく可愛らしくなるものですねー。
もみの木のデコレーションを、プリンにするなんて考えも付きませんでした。

生クリームではなくバタークリームを使うと言うのも良いですね!
簡単に作れますし、何よりしっかりと形が残りますから。

生クリーム、美味しいんですが、泡立てが非常に面倒で…(^_^;)
卵の泡立てなら問題ないんですが、クリームの植物性タイプは、本当になかなか固まってくれないんですよ。

でもバタークリームなら、その心配もなし!

デコレーション苦手な私ですが、これはちょっとトライしてみたいです!

独り言…

昨夜はカレー鍋にして、撃沈しました…(^_^;)

カレー粉がなかったので、カレールーで作ろうとしたんですが、野菜の煮る時間を間違ってしまいまして。

人参は固いままでしたし、白菜はちゃんと火が通らず…

結局思っていたよりも長い時間煮込むことで、問題は解決しましたが、やっぱりカレールーだと難しいものですね。
味は美味しかったみたいで、全部完食してくれましたが、課題の残る出来となりました。

今日はこれから、スーパーのタイムセールに駆りだされます。

サブの仕事を入れなかったので、ようやく自分の趣味に時間が使えると思ったんですが…

でも一緒に行かないと、食事の支度の際に「行ってくれなかったのに、使うのかい?」と嫌みを言われるんです。

特に卵が切れると文句を言われるので、仕方ないので2時間は覚悟して行ってきます。

はぁ、せっかく時間に余裕が出来ると思ったのに…。

なかなか上手くはいかないものですね。(^_^;)

仕事も早く終わらせたいですし、買いものもちゃちゃっと終わらせて来ます。