ずぼら日記【2018/12/18】ブッシュドノエルの由来と楽天レシピのつくれぽ!

2021-03-01

Print Friendly, PDF & Email

ブッシュドノエルはフランスのケーキ?

日本では良く「ブッシュドノエル」と言いますが、フランス語に近い読み方をすれば「ビュシュ・ド・ノエル」となります。

ノエル(Noël)が「クリスマス」という意味で、Bûche(ビッシュ)は「木の切り株」を意味します。
ですから、切り株の形をしたケーキを、ブッシュドノエルと言うんですね。

では、何故クリスマスにブッシュドノエルを作るようになったかですが…
これは、神話に関係していて、樫の木を暖炉で燃やすと、一年の災厄から身を守れるという事から来ているそうです。

ちなみに、北欧の方はクリスマスを「ユール」と呼びますが、ユール自体は元々ケルト人やゲルマン人の冬至のお祝いだったそうで。
ユール=クリスマスの時期に、「ユールログ」と呼ばれる木を暖炉で燃やすことから、今の切り株のケーキに結びついたんだそうです。

またキリストの誕生を祝って、夜通しで暖炉に薪を燃やしたことから、ブッシュドノエルが生まれたとの説もあり、本当の発祥は良く分からない部分もあるそうです。

そして、フランス語圏では、サンタクロースを「Père Noël」と呼びます。
直訳すると「クリスマスの父」ですが、何とも可愛らしい呼び名ですよね?^^

クリスマスイブのケーキの意味などに触れると、ますます楽しくなりそうですね。

つくったよ報告いただきました!

先日、楽天レシピさんでつくったよ!報告をいただきました。
今回作っていただいたのは、失敗しない!基本のシフォン風スポンジケーキ!
作って下さったのは、marochan*さん。
美味しかったですごちそうさま(о´∀`о)
と嬉しいコメントをいただきました。

シフォン風スポンジケーキは、私が最近はまっているんですが
本当にしっとりふわふわに仕上がるのでお気に入りです。
クリスマスの時期に素敵なつくれぽ!
本当にありがとうございます!
ぜひ、リピお待ちしております!

シフォンケーキでブッシュドノエル?

ブッシュドノエルは、ロールケーキが基本と思っていたのですが、今回ご紹介しているレシピではシフォンケーキで作ってる!
私的には衝撃の発想でした。

ブッシュドノエルシフォン 【No.342】
ブッシュドノエルシフォン 【No.342】

作者:楽天出店店舗:浅井商店

確かに薪の年輪を出せれば、ロールケーキに拘る必要はないんですよね。
その意味でも、目から鱗レシピです!

一応私は道具を揃えていた時期があったので、コームも揃っている…となると、作ってみたくなりますね!
チョコレートクリームの代わりに、コーヒークリームにしても良さそうと思いました。

シフォンケーキは失敗が少ないので、今年最後のクリスマスケーキは、シフォンケーキにしてみようかなと思います。

もうクリスマスケーキは良いかな?と思っていた矢先に、素敵なアイデアを目にして、沸々と制作意欲が沸いて来ました。

レシパーさんからのポイントを引用させていただきますと。

クリームを作る際、ガナッシュを加えた後はクリームが急に締まるので泡立て過ぎないように注意して下さい。
もし固くて塗りにくいと感じた場合は、生クリームを適量足してゆるめるといいですよ。

とのことでした。

クリスマスに失敗のないブッシュドノエルを作るなら、シフォンケーキもありですね!^^

独り言…

昨夜は、手抜きと言う事で、大根カレーの残りと焼きそばで食べる事に。

でも今回手抜きになったのには、ちゃんと理由があり…

実は雪はねをしている最中に、流雪溝に落ちてしまったんです!
落ちるというよりは、柵に足がはまった状態に。

あれ?と思った時には、流雪溝に足がはまって宙ぶらりんに。
その際に足を強打しまして、すぐに湿布を貼ったので、腫れはしませんでしたが、今でも痛いです。(^_^;)

まさか自分がはまるとは思っていなくて。

今年は雪が少なく、また温かい日が続いた事もあり、雪が半ば溶けていたんです。
そこで、普段の冬靴だと濡れてしまうからと、夏用のレインブーツを履いてやっていたんですが、それがいけませんでした。

雪は雪ですね。
つるりん!と滑ったと思ったら、流雪溝に足がはまってました。

流石に足がはまったので、弟と父からも「すぐ湿布貼っておきな!もう雪はねは良いから。」と言われ、甘えることに。

自分がまさか!と思う時に限って、はまるものですね。
雪はねの最中は、やはり安全面で気をつけないといけませんねー。

大怪我にならなくて、本当に良かったです。

雪はねでは、屋根からの雪や道路に飛び出すなど危険がいっぱいですので、皆さんもお気をつけ下さい。