ずぼら日記【2019/7/24】ウナギの日の由来とイワシのかば焼きのおすすめレシピ

なぜ土用の丑の日にウナギを食べるの?

今年の土用の丑の日は、7月27日になります。

シーズンになると、お店で一斉にウナギが売られますが
なぜ土用の丑の日にウナギを食べるかご存知ですか?

土用というのは、土曜日とは違います。
四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前の期間が土用なんです。

江戸時代の有名な発明家「平賀源内」さん。
名前だけは聞いたことがある方も多いと思います。

由来としては、ある鰻屋さんがウナギが売れないと平賀源内さんに相談します。
そこで平賀源内さんが「本日丑の日」という張り紙を店に貼ったことで
たちまち民衆に広がっていったのが
土用の丑の日の始まりとされています。

土用の丑の日にウナギを食べることで
「丑の日にちなんで、(う)から始まる食べ物を食べると夏負けしない」
こんな風習が生まれ、現代にも引き継がれています。

ちなみに、土用の丑の日が夏にしかない理由は…
売れないウナギの販促のために始まったので
旬ではない「夏」にウナギを食べる風習を
根付かせたということが理由です。

正確には年に4度ある丑の日ですが
元々がウナギの繁盛目的だったため
今の日本では夏の丑の日がウナギを食べる日となったそうです。

ウナギが高いなら、いわしも良いかも!

我が家では、毎年丑の日にウナギ以外の蒲焼を食べます。
年に一度のこととはいえ、やはりうなぎは高く
家族が多い分出費になってしまうんですね。

毎年秋刀魚だったり、鶏肉だったり、ナスだったり。
でも、今回楽天レシピさんで見かけた、いわしの蒲焼が美味しそうで…。

タレが美味しい☆いわしの蒲焼丼
タレが美味しい☆いわしの蒲焼丼

料理名:いわしの蒲焼丼
作者:まいまい917

いわしって、普段スーパーで売っていないので
作ることすら考えたことがありませんでしたが
確かにかば焼きにはぴったりの食材ですよね。

青魚って、蒲焼と合うんだなぁと再認識しました。

作り方も簡単そうなので、いわしが手に入ったら、作ってみたいと思っています。

レシパーさんからのポイントを引用させていただきますと。

脂ののったいわしで作ると、最高です♪

とのことでした。

今年の丑の日は27日です。

ご家庭で色々な蒲焼で、お祝いするのも良いかもしれませんね。^^

独り言…

昨夜は、料理の時間になって台所に向かったら…。
珍しく母が料理をしてくれていました。

私も考えていたレシピがあったのですが…。
母が混ぜご飯を作ってくれていたので
白いご飯にしか合わないし…とそちらは諦め
味噌汁だけ作ることに

母が作る時には、必ず混ぜご飯か切り干し大根の炒め物

それでも自分が作らなくてよいのは、楽で助かりました。

その代わりにと、食事の後に
先日作ったクリチと紅茶のパウンドケーキを

パウンドケーキも好評で、あっという間に無くなりました。

やっぱり私にはパウンドケーキなどの
デコレーションが要らないタイプの方が
合ってるのかなと感じます。

クリチと紅茶が合うと教えてくれたAさんには、感謝です!

もうすぐメルマガのポイントが1万貯まる方がいらっしゃるので
今度またチョコブラウニーを作ります。

たまに、違うケーキをとも思うんですが
なかなかに時間が作れないんですよね。(-_-;)

さて、今日も仕事頑張ろう。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 22現在の記事:
  • 101今日の閲覧数:
  • 241昨日の閲覧数:
  • 91今日の訪問者数:
  • 203昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。