桜の花の塩漬けで!桜饅頭

桜饅頭

桜の花の塩漬けで、ピンク色の饅頭を作ってみました。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(5人分) 所要時間:30分

上白糖 … 110g 薄力粉 … 150g みりん … 小2
重曹 … 小1 漉し餡(あれば桜餡) … 400g 打ち粉用強力粉 … 適量
桜の花の塩漬け … 少量 サラダ油 … 少々

作り方:

  1. 鍋に上白糖の半量と、水50ccを入れ、透明になって砂糖が溶けるまで火にかける。
  2. 溶けたら、茶こしを通しながら、ボールに入れる。
  3. すぐに残りの上白糖を加えて混ぜ合わせ、溶けたら粗熱を取る。
  4. 指をつけてみて、冷めていたら、みりんと溶いた重曹を加える。
  5. ふるっておいた薄力粉を一気に加え、縦に切り込むように混ぜる。
  6. 白い粉が見えなくなったら、ラップをして、室温で20分ほど休ませる。
  7. 生地を休ませたら、薄力粉を広げたバットに生地を移す。
  8. 蒸し器を強火にかけ始める。
  9. 両手に薄力粉をつけ、手でもみながら生地をまとめる。
  10. 耳たぶくらいの柔らかさになったら、揉むのを止める。
  11. 生地をひとまとめにし、包丁で二等分する。
  12. 生地の半量を、包丁で5等分に切り分ける。
  13. 残りの生地はラップをして、室温に置いておく。
  14. 左手に生地を取り、刷毛で余分な粉を落してから、餡玉を包む。
  15. 包んだら、桜の花の塩漬けを軽く水で洗ったものを、少し押すようにして頂点に飾る。
  16. 蒸し器の上段に、クッキングシートを敷き、饅頭を間隔を空けて並べる。
  17. 表面に霧吹きで水を吹いて、しっとりさせる。
  18. 蒸気が上がったら、強火のまま10~15分蒸す。
  19. 蒸しあがったら、金網に油を薄く塗り、くっつかないようにしながら、室温で冷ます。
  20. 残った生地も同じように蒸し、冷ます。
  21. 冷めすぎると固くなるので、粗熱が取れたら、一つずつラップに包んでおく。
  22. 完成!!

生地を側面からせり上げるようにして、餡玉を包みます。 最後に手のひらで転がすと綺麗な丸になります。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 384現在の記事:
  • 133今日の閲覧数:
  • 234昨日の閲覧数:
  • 60今日の訪問者数:
  • 208昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。