電子レンジで!苺大福

苺大福和菓子
Print Friendly, PDF & Email

レンジで作る求肥は、柔らかくてもちもち!

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:30分

白玉粉 … 100g水 … 200cc上白糖 … 200g
食紅  … 少々こし餡 … 適量苺 … 8~10個
小麦粉 … 適量

 作り方:

  1. 耐熱ボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えながら、良くかき混ぜる。
  2. 全体がなめらかになったら、砂糖を一気に加えてさらに良く混ぜる。
  3. 水で溶いた食紅を加え、均一にピンクになるまで良く混ぜる。
  4. ゴムベラを持ち上げてみて、しっかりととろみが付いたらレンジへ入れる。
  5. 耐熱ボールにフタをせずに、レンジで2分秒程加熱する。
  6. 加熱が終わったらすぐに取り出し、もう一度ゴムベラで良く混ぜ、レンジへ入れる。
  7. 今度は3分30秒程加熱し、再び取り出してゴムベラで練るように混ぜる。
  8. 全体が半透明でピカピカし、餅のようなこしが出たら混ぜるのを止める。
  9. 生地の状態が良くなければもう一度温め直す。
  10. 間髪いれず、中身を全部バットに広げた小麦粉の上に乗せる。
  11. 熱いうちに、向こう側の両端を持って手前に折りたたむ。
  12. あんこを人数分、直径1.5~2cmくらいの大きさの丸める。
  13. 丸めたら今度は平たくつぶし、いちごの上側を覆うようにかぶせる。
  14. そのままあん玉を丸めるように、手のひらでころころと転がしあんで苺を覆う。
  15. 粗熱が取れた餅にくっ付かないように粉をまぶし、まず半分に分ける。
  16. 生地を少し多めに手に取り、親指と人差し指の間から押し出し、10個程に分ける。
  17. 生地を1つ手に取り、直系8~9cmの円状に軽く押しつぶす。
  18. 刷毛で余分な小麦粉をはらって、中央にあん玉を乗せて指で軽く押し込む。
  19. 左手でくるっとひっくり返し、右手で下からあん玉をつまむように持つ。
  20. 左手の親指と人差し指で輪を作り、あん玉の大きさに合わせて、しごくように生地をのばす。
  21. 上下を返して生地にあん玉を押し込み、口をきゅっと閉じ合わせる。
  22. 完成!!

口をきゅっとねじるようにつまむと、うまくいきます。 途中手がべたついたら、小麦粉を手に付けながら包むと良いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました