苺のシャルロット

苺のシャルロットデコケーキ
Print Friendly, PDF & Email

ビスキュイと呼ばれるケーキを周囲に張り付けた、苺のシャルロットです。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(デコケーキ型21cm・1台分) 所要時間:150分

ビスキュイ
卵 … 4個グラニュー糖 … 100g薄力粉 … 100g
紅茶 … 大1粉砂糖 … 適量
カスタードババロア
卵黄 … 6個牛乳 … 500ccグラニュー糖 … 80g
コーンスターチ … 20g薄力粉 … 30g生クリーム … 100cc
刻んだ苺 … 5~6個粉ゼラチン … 5g水 … 大2
デコレーション
苺 … 1.5パックミントの葉 … あれば

作り方:ビスキュイ

  1. ボールに卵黄と砂糖の半量を入れ、もったりとしてリボン状になるまで泡立てる。
  2. 別のボール(大きめ)に卵白を入れ、砂糖を3回に分けて加え、角が立つまで泡立てる。
  3. メレンゲのボールに卵黄を一気に入れ、手早く泡立てる。
  4. ふるった粉類を2回に分けて加え、その都度切るように混ぜる。
  5. 粉っぽさがなくなるまで混ぜたら、絞り袋に生地を詰める。
  6. 先端の方までしっかりと入れ、押し込んで空気を抜く。
  7. 天板の所々にバターを薄く塗り、オーブンシートを敷く。
  8. 下準備で引いておいた線にそって、棒状に生地を絞り出す。
  9. 粉砂糖を2回に分けて、棒状の生地の上に多めにふるう。
  10. 170~180度のオーブンで、10~15分焼く。
  11. ほんの少し生地が茶色くなる程度で、オーブンから取り出す。
  12. オーブンシートごと、ケーキクーラーの上で冷ましておく。
  13. オーブンにもう一度予熱をかけ、170~180度で13分程焼く。
  14. こちらもほんのり茶色くなる程度で取り出して、シートごと冷ましておく。

作り方:カスタードババロア

  1. 水にゼラチンをふり入れ、5分以上ふやかしておく。
  2. 大き目の鍋に牛乳とバニラオイルを入れ、中火で温め始める。
  3. ボールに卵黄と砂糖を入れて、もったりとして字が描けるくらいまで泡立てる。
  4. ふるっておいた小麦粉とコーンスターチを加え、良く混ぜ合わせる。
  5. 沸騰寸前まで温めた牛乳の半量を加え、さらに良く混ぜる。
  6. きれいに混ざったら、鍋に戻して混ぜ合わせ、中火にかける。
  7. 焦げないように気をつけながら、木ベラか泡立て器で混ぜながら火を通す。
  8. 底の方からプクッと泡が立ったら、すぐに火からおろす。
  9. 別のボールに生クリームと砂糖大1を入れ、6分立てくらいのゆるいクリームを作る
  10. ゼラチンをレンジで加熱するか、湯せんにかけて完全に溶かす。
  11. 先ほどのクリームと混ぜ合わせ、溶かしたゼラチンを一気に入れる。
  12. すぐに手早く混ぜ合わせ、全体にゼラチンをなじませる。

 作り方:デコレーション

  1. 冷めたビスキュイを、そっとオーブンシートからはがす。
  2. ビスキュイを並べる前に、下に支え用の台を敷いておく。
  3. もう1つの円形のビスキュイの周りを、底に合わせて切る。
  4. 底取れ式の型の側面に沿って、棒状のビスキュイをすき間なく並べていく。
  5. ビスキュイを側面に並べたままで、円形のビスキュイを底にはめ込む。
  6. 上から軽く押し、側面と底面を完全に密 着させる。
  7. 苺を小さめの角切りにし、底に均等に散らす。
  8. ババロア液を中にそっと流し込む。
  9. 下に支え用の台を敷いたままで、冷蔵庫で2時間強冷やし固める。
  10. 冷やしている間に、苺を半分の大きさに切る。
  11. 指で押してみてへこまないくらいに固まったら、冷蔵庫から出す。
  12. ババロアの上に苺をすき間なく並べ、中央に好みでミントの葉を飾る。
  13. あればナパージュを塗って、完成!!

ビスキュイが上手く行かない場合は、卵黄を減らして卵白を増やすと上手く行きます。

ババロアは焦げやすいので、焦がさないように注意して下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました