桃のトリオ

桃のトリオデコケーキ
Print Friendly, PDF & Email

桃の缶詰を使うから、フルーティです。ひんやり冷やして召し上がれ。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(セルクル18cm・1台分) 所要時間:120分

スポンジケーキ
卵 … 3個グラニュー糖 … 75g薄力粉 … 75g
バター … 30gレモン汁 … 小1自家製シロップ … 適量
桃のムース
桃(缶詰) … 150g卵黄 … 2個牛乳 … 150cc
レモン汁 … 小2グラニュー糖 … 40g粉ゼラチン … 8g
ゼラチン用水 … 大3
桃のゼリーとデコレーション
桃の缶詰のシロップ … 200cc粉ゼラチン … 5gゼラチン用水  … 大2
白桃と黄桃 … 2~3個ずつ

作り方:スポンジケーキ

  1. ボールに全卵を入れ、泡立て器で軽く溶きほぐす。
  2. 卵の筋が切れたら、砂糖を一気に加えてザラザラ感が消えるまで良く混ぜる。
  3. 大き目の平たい鍋にお湯を沸かし、80度位になったら火を止める。
  4. ボールの底をお湯につけ、泡立て器で空気を含ませるようにしっかりと泡立てる。
  5. 生地の中に指を入れてみて、ほんのり温かく感じたらお湯につけるのを止める
  6. 湯せんを止めたら、また大きく空気を含ませるように泡立てていく。
  7. 全体にもったりとしてきて、8の字が描けるくらいのなるまでしっかりと泡立てる。
  8. ふるった粉を2回に分けて加え、その都度さっくりと混ぜる。
  9. 粉を全て混ぜ終わったら、バターをゴムベラを伝わせて流しいれる。
  10. 練らないようにして、底の方からすくいあげるように、しかも手早く混ぜる。
  11. 用意しておいた型に流しいれ、残った生地は型の外側にへらなどで入れる。
  12. 170度のオーブンで、30分程焼く。
  13. 竹串をさしてみて、生地が付いてこないようなら焼き上がり。
  14. 型からすぐ外したら、ケーキクーラーの上に乗せ、乾燥しないようにふたをする。

作り方:桃のムース

  1. 桃を小さめに切り刻み、裏ごししてピューレを作る。
  2. 鍋に牛乳を沸かし、沸騰寸前まで火を通す。
  3. ふやかしたゼラチンを湯せんかレンジにかけ、完全に溶かしておく。
  4. ボールに卵黄と砂糖を入れ、白っぽくもったりとするまで泡立てる。
  5. 温めた牛乳の1/3量をボールに移し、すぐに混ぜ合わせ、鍋に戻す。
  6. 中火にかけ、焦げないようにしながら、泡立て器で混ぜ続ける。
  7. 卵液全体にとろみが付き、木ベラにとり、指でなぞると跡が付くくらいまで火を通す
  8. 火から降ろし、しばらく泡立て器で混ぜ、粗熱を取る。
  9. 一度裏ごししてから、鍋に戻す。
  10. 再び中火にかけ、桃のピューレとレモン汁を加えて、さらに火を通す。
  11. 一旦火を止め、溶かしたゼラチンを加えて混ぜる。
  12. ボールに移し、底に氷水をあて、木ベラでかき混ぜながら冷やす。
  13. とろみが付いたら、そのまま使うまで置いておく。
  14. 焼いたケーキが冷めたのを確認して、1cmくらいの高さにカットする。
  15. 切ったケーキをセルクルを使い、クッキーの要領で2枚とも切り抜く。
  16. ケーキの断面にシロップを、しっとりするくらい刷毛でたっぷりと塗る。
  17. 回転台の上などにセルクルを乗せ、中にケーキ1枚を敷く。
  18. シロップを塗った上に、先ほどのムース液を静かに流しいれ、上にケーキ生地を乗せる。
  19. 平らにならしたら、30分ほど冷蔵庫で冷やしておく。

作り方:桃のゼリーとデコレーション

  1. 分量の水にゼラチンをふり入れ、15分程ふやかしておく。
  2. 白桃と黄桃をそれぞれ2~3個ずつ、3ミリくらいの厚さにカットする。
  3. 缶詰のシロップを裏ごしてボールに入れ、良く混ぜ合わせる。
  4. ゼラチンをレンジか湯せんにかけ、完全に溶かす。
  5. シロップのボールに、溶かしたゼラチンを加え、静かに混ぜ合わせる。
  6. ボールの底に氷水をあて、木ベラで混ぜながら冷ます。
  7. とろみがついて、木ベラが重く感じたら、そのまま置いておく。
  8. 冷蔵庫からケーキを台ごと取出し、上に白桃と黄桃を交互に並べていく。
  9. 中央の空いた部分には、残った桃を小さめに刻んだものを乗せる。
  10. 並べ終わったら、ゼリー液を静かに流しいれる。
  11. また冷蔵庫に台ごと入れ、2時間強冷やしてゼラチンを固める。
  12. ゼラチンが完全に固まったら、セルクルの周りをお湯で絞った布巾で温め、外す。
  13. 完成!!

桃の缶詰は、シロップも使います。しっとりした食感で、冷やすと更に美味しいです。

桃を切り分ける時には、出来るだけ薄く切って下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました