ずぼら日記【2015/12/6】ずぼら日記も一週間目…

2021-03-12

Print Friendly, PDF & Email

鶏むね肉地獄…そう名付けました

ずぼら日記も、もうすぐ一週間。

我ながら、今回は続いてるなぁと感じます。

毎日鶏胸肉とにらめっこしては、毎回同じ料理にならないようにと、心をくだく毎日。

と言っても、それほど凝った料理は、毎回は作りませんけども。

鶏胸肉で一番楽なのは、何と言ってもチキンカツ!

衣を付けて揚げるだけですからねぇ。

しかも、鶏肉が2枚あれば、半分に開けば、4人分がすぐに作れちゃうのも魅力かな?

ということで(どういうことで?)、今回はラザニアの写真をご紹介しますね。

ラザニア1

写真の出来というか、デコレーションと言うべきか、ともかく見た目がしょぼいのは、いつものこと。

笑って見逃して下さい。

でも、これ、美味しかったんですよ。

ホワイトソースも、小麦粉とバター、牛乳、生クリームと、本格的になるように手作りをしましたしね。

このブログのレシピにも、ホワイトソースがありますが、こちらに変えてからは、家族も喜んで食べてくれるようになりました。

昔はクックアップというシリーズのグラタンとか作ってたんですが、とろみが足りないのと、簡単なのは事実ですが、余り美味しくないと家族からは不評だったもので。

最近は、クックドゥとかの調味料も使わなくなりましたし。

理由は一つ!

美味しくないからです。

以前クックドゥシリーズの回鍋肉の素を使ってみたんですが、家族からは不評で、「美味しくなーい。」とのこと。

なので、私の古いレシピの回鍋肉を作ってみたら、「やっぱり手作りの方が美味しいねー」と。

やっぱり、「この一手間がI Love You~♪」なわけですよ。

料理にしろ何にしろ、手を抜いたら、美味しくないわけです。

それにしてもです。

弟が山形で仕事に赴任してからというもの、夕食を作っても張り合いがなくなりましたね。

「美味しい」か「美味しくない」かの選択肢があったとしても、他の家族のリアクションの少ない事。

美味しくない時には、反応が返ってきますが、美味しい時というか、普段通りの食事の時には、まるでノーリアクション!

「あれ?美味しくなかった?」と聞いたら、「いや、美味しいよ?」と言う感じ。

でも、これが普通の反応かもしれませんね。

山形に行ってしまった弟が、優しい反応を示してくれただけだったのかも。

相変わらず、母は料理を作ってくれない上に、片付けのことだけはガミガミガミガミ。

「外行ったら、困るよ?」それはわかりますが、もっと普通に言えないの?みたいな。

娘でこれなら、気に食わないお嫁さんとか弟が連れて来たら、ますます酷い応酬になるんでしょうね。

なので、兄弟姉妹は、「絶対に一緒に暮らしたくない!」と言ってますし。

料理を作らない伝統というか…。

亡くなった祖母も、料理をしない人でしたし。

変な伝統を作らないで欲しいものです。

さて、今日は日曜日。

朝から、天気が良いので、もしかしたら、お出かけするかも知れません。

今日の仕事も一段落しましたし、ちょっとイラストでも投稿してみようかな?