ずぼら日記【2015/12/27】お客さんにごちそうを振舞って?

2021-03-12

Print Friendly, PDF & Email

親戚ではないので気疲れした面も…

はぁ、疲れましたー。

やっぱり家族以外のお客様に、ご飯支度をするというのは、すごく疲れますね。

23日~26日まで、父の友人のご家族が泊って行ってくれたんですね。

ちょうどクリスマスイブの日に重なったので、ご馳走とか作りがいがありましたねー。

家族4人パーティの予定が、8人パーティに。

しかも、シフォンケーキでクリスマスケーキを焼いたんですが、一目みて、息子さんが「素敵。」と言ってくれて、で、バクバク食べてくれましたね。

「ふかふかで美味しいー。」と喜んでくれたのが、何より嬉しかったです。

献立考えるの大変でしたが、心地よい疲れになりましたね。

父は「普通の食事で良いぞ?」と言ってましたが、普通の食事と言うのが一番難しいんですよ。( ;∀;)

嫌いな物ないだろうか?とか、この味付けでOKかな?とか、私なりに考えないといけなかったのと、相変わらず母が料理をしなかったので、私一人で作ることになり、息子さんと遊んであげたりもしたので、年のせいか、めっちゃ疲れましたね。

でも、息子さんは良い子で、昨日の夜は、最後の夜ということで、懐中電灯でお化けを探して遊んでました。

お風呂に入ってからも、「懐中電灯は~?」と、まだ遊び足りないみたいでしたが、私は朝ご飯を作るのに、早起きしないといけなかったので、お風呂の後すぐに眠ってしまい、ちょっと可哀想なことをしたかなぁと。

でも、夜の8時半を回ってましたし、子供は寝ておかないと、何しろ、今日の朝出発の予定だったみたいなので。

お土産にと、大人用にフルーツパウンドケーキを、子供用にプチサイズのチョコケーキを焼いて、お渡しして、それを見て息子さんが喜んでくれて、本当に何から何まで喜んでくれる良いお子さんでした。

途中息子さんがパパに怒られて、可哀想だなという一面もありましたが、厳しく育てる方針なんだなと、口を出すのは控えました。

でも、そんなに悪い事をしたわけではなかったので、私としては、そんなに怒らなくても良いんじゃないかなぁ?と思いましたね。

はぁ、忙しい毎日でしたが、充実した4日間でした。

「また、遊びに来てねー。」と言ったら、息子さんが、「お姉ちゃんと一緒に行く」と言ってくれて、本当に嬉しかったですよ。

血のつながりがなくても、やっぱり子供は可愛いですね。

さて、本日からまた日記を更新できそうなので、年末になるまで、毎日更新をしていこうと思います。

子供さんが居る時には、パソコンの前に座ってると、「お姉ちゃん、どこに行ったー?」と探しに来るので、時間が取れなかったんですよね。

でも、本当に楽しい四日間でした。

●●君、また遊びに来てねー。