ずぼら日記【2017/1/13】大変な雪はね作業…

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

雪はねが大変な冬…

今朝は、昨日と打って変って、晴天日和となりました。

昨日は父と二人で、一時間かけて、膝上まであった雪を、一生懸命に移動させてました。

お陰で、車が出せるようになり、今朝も少し雪はねをしただけで、車が動かせるように。

でも、今日弟が運転する車で、ガソリンスタンドに給油に行ったら、給油口が開かないトラブルに見舞われ、十円玉を間に刺し入れ、何とか事なきを得ました。

今日も晴天ではありますが、気温は氷点下。

雪国って、冬がなければ、夏も涼しくて快適なんですがねぇ。

あちらを立てれば、こちらが立たずということなんでしょうね、きっと…。

今月は、20日前後に、東京から弟が実家に帰ってくるので、その時にご馳走を作ろうと思ってます。

すでに、間宮塩蔵さんの大トロサーモンは頼んであるので、それで握り寿司を作って、茶わん蒸しも付けて、更には、年末と年始に帰ってこれなかった弟の為に、筑前煮も作る予定です。

東京では、食事を作らない弟なので、家に帰って来た時くらい、家庭の味を楽しんでもらいたいので。

鶏肉とゴボウの炊き込みご飯って美味しいよね?

さて、脱線しましたが、鶏肉とゴボウの炊き込みご飯って、美味しいですよねー。

鶏ごぼうの炊き込みご飯
鶏ごぼうの炊き込みご飯

料理名:鶏ごぼうの炊き込みご飯
作者:スイート ローズ

でも、最近は炊飯器で、炊き込みご飯を作ろうとすると、母から待ったがかかります。

理由は、お酒を入れるので、炊飯釜が痛むという理由です。

どこかのテレビ番組で、やってたらしいんですが、料理番組とかでは、普通に炊飯器で炊いてるよ?と言っても、一度思いこむと、それが正しいとばかり、絶対に自分の考えを曲げないのが母。

仕方ないので、最近はフライパンで、炊き込みご飯を作ってます。

確かに美味しいですけど、火加減とか大変で…( ;∀;)

自分で作らないからこそ、文句も言えるわけで。

ご飯支度くらい、文句を言わず、作らせてくれないかなぁと思ったりする毎日です。

ああ、でも、鶏ごぼう美味しそうー。

今日は、フライパンで、また炊き込みご飯でも作ろうかな?