ずぼら日記【2017/2/12】しょっぱい卵焼きが美味しい?

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

卵焼きは甘くない方が美味しい?

昨夜は、仕事で二泊三日になる父に、お弁当を作りました。

以前出かけた時にも、お弁当を作ったんですが、父のリクエストは甘い卵焼きにねぎを入れてくれと言う物で、「それ、絶対に美味しくないと思うけど、良いの?」と聞いたら「いや、それで良い。」みたいなことを言っていた父。

でも今回は、やっぱり美味しくなかったみたいで「しょっぱい卵焼きにしてくれるか?」とリクエストが。

やっぱりね。甘党でも、砂糖とねぎの組み合わせは、やっぱり、好みが分かれるんですよね。

今回は、おにぎりをおにぎらずにして、水菜とツナとマヨネーズの卵焼きに。

ちょうどおにぎらずで、具材をツナマヨにしたので、それで余った分を卵焼きにしたわけです。

毎回残さず食べてくれると、作り甲斐もありますね。

今日も忙しく仕事をしていると思うので、交通事故とか会わずに、無事で帰ってきて欲しいです。

そして、お疲れだと思うので、何か美味しいものでも作れれば良いなぁと思います。

今朝は、往復1時間半かけて、スーパーに買い出しにも行きました。

4kgって普段重く感じないのに、今日は歩いていたら、紐がかかっている肩が辛かったですねー。

私ももう若くはないですから、普通に肩こりとかありますし。

でも、ひき肉が安かったのは、嬉しかったなぁ。

普段鶏肉ばかりなので。

マシュマロが可愛く変身!

さて、脱線しましたが、今回ご紹介するレシピは、マシュマロPOPです。

友チョコにぴったり!マシュマロPOP♪
友チョコにぴったり!マシュマロPOP♪

料理名:友チョコにぴったり!マシュマロPOP
作者:石倉かおり

確かに簡単に出来そうですし、可愛いですし、友チョコとかで配るのにぴったり!という感じがしますね。

私は、マシュマロが好きなので、バレンタインには間に合わないかも知れませんが、普段でも作ってみようかな?と思いました。

今の作業が終わるまで。と思っていますが、明日は母が友だちとお泊りに、ガトーキングダムというホテルで泊るそうなので、その間にチョコスイーツを作ってしまおうかと。

普段作っていたら、必ず文句を言われるんですよ。

「別にバレンタインに何かする必要ないんじゃない?」とか節分でも「恵方巻きの必要ないしょ?」みたいな感じで。

私はせっかくのイベントは楽しみたいので、何だか水を差されるようで、気分が悪いわけですよ。

だから、鬼の居ぬ間に洗濯じゃないですが、チョコスイーツは明日作る予定です。

久しぶりに友達に会うみたいなので、楽しんで来て欲しいと思ってます。

さて、今日は寝坊しちゃったので、時間が…

何だかんだで、私も疲れが溜まっちゃいました。

休日でよかったー。