ずぼら日記【2017/6/23】ハンバーグって地味に難しい…

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

ハンバーグって難しいよね?

昨夜は、パスタでしたが、一昨日はハンバーグでした。

また同じ話題の記事になりますが…。(; ・`д・´)

ほんとに美味しいドンキー風のハンバーグを、完全にコピーするまで、挑戦し続けていたんですが…。
やっぱり、難しいものですね。
ハンバーグが柔らかすぎる!とクレームではないんですが、家族からダメだしが入りまして。

ただ、今までで一番ドンキーに近いね。と、味は良いから、焼き加減じゃない?なんて言われたりして。
確かに、焼き色はつけましたが、終始弱火で焼いたんですよね。
焼きすぎたら、パサパサになっちゃう!と思っていたんですが、今度はちょっと強めの火力で焼いてみようかな?

牛肉100%のお肉なら、生焼けでも良いんですが、豚ひき肉だと、どうしても生焼けが怖いですし。
やっぱり、弱火から中火に変更してみようかな?

ソースは、レトルトカレーに玉ねぎとひき肉を足して、中農ソースで味付け!
こちらは大好評で、またカリーバーグディッシュを作ってーと、リクエストがありました。

ハンバーグって、やっぱり難しい…(; ・`д・´)
でも、美味しいハンバーグを作るためにも、色々とやってみて、大丈夫!となったら、ブログでもご紹介したいです。

今回のハンバーグのポイント?

さて、今回ご紹介してるレシピに、ポイントが書かれていましたので、そちらをご紹介すると。

お肉屋さんの、粗びきハンバーグステーキ。
お肉屋さんの、粗びきハンバーグステーキ。

料理名:ハンバーグ
作者:きよみんーむぅ

強火で焼かない様にして下さい。
焼きあがりに中まで火が通ってるか、確かめる為に菜箸等でハンバーグを刺すと肉汁が出てしまいます。
蒸し焼きをする事で、中まで火が通ります。
水ではなく、必ず熱湯を入れて下さい。

とのことでした。

強火で焼かないのがポイントなんですねー。
蒸し焼きはいつもやってますが、水ではなく熱湯を入れるというのは、今までやったことがありませんでした。

今度作るハンバーグでは、お酒も温めてから入れてみようかな?

しかも今回のハンバーグのすごい所は、ひき肉を使わないこと!
薄切り肉を粗みじんに切るなんて、考えたこともありませんでした。

確かにこの方法なら、自分好みのひき肉もどきが、簡単に作れちゃいますよね。
お肉屋さんのハンバーグって、すごく美味しいので、こちらも今度試してみたいなぁ。

ハンバーグって、ご家庭によってレシピが違うので、お袋の味とも言えそうです。

独り言…

さくらんぼの標本♡宝箱ゼリー☆食べるのもったいない♪

父の日に、こちらのレシピがすごく美味しそうだったので作ってみましたが、見事に失敗しました。
だって、なかなかゼラチンが固まらない!( ;∀;)

味は良かったみたいですが、完成写真が酷いことに。

ちなみに、こんな感じになっちゃいました。

ムースは上手く行ったんですが、中央の透明ゼリーがね。
何故かなかなか固まってくれなくて…

さくらんぼで美味しいスイーツをと思っていたんですが、結局残りはパウンドケーキになりましたとさ。

やっぱりデコレーションが上手なのって、私には無理かなぁ。

ゼラチンを量りで計ろうとしたら、5gとか微量計じゃないと無理!みたいになり、ゼラチンをしっかり計量出来なかったのが、多分失敗の原因でしょうね。

5g単位で入ってるゼラチンが、業務用スーパーで見つからなくて…(; ・`д・´)

まぁ、これも失敗として、経験値にします。

今度もし、我が家の家庭菜園で、さくらんぼが採れたら、もう一度チャレンジするかもです。