ずぼら日記【2017/7/7】七夕の願いが叶いますように!

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

七夕の短冊に願いを!

今年も七夕がやってきました。
織姫と彦星の話は有名ですが、何故短冊に願い事をするか、ご存知でしたか?

短冊を笹にくくりつけて、願い事なんて、それだけでもロマンティックですよね。
そこで、今回は七夕の短冊の意味などをちょっと。

七夕は、「たなばた」と読むことも多いですが、「しちせき」なんて呼ばれることもある、五節句の一つでもあるんです。

では、七夕に願い事をするのは、何故?ですが…

乞巧奠(きこうでん)と言う風習が元になっているそうです。

最初は願い事の種類が決まっていて、「機織りが上手になりたい!」とか「縫うのが上手くなりたい!」みたいに、機織りにちなんだ願い事が多かったそうですが、それが時代を経て、「芸が上手くなりたい!」とか「字を書くのが上手くなりたい!」みたいに変遷していきました。

で、現在では、何でも願い事をすると叶うみたいな、オールマイティな願い事に変わって行ったわけですね。

ちなみに、短冊に願い事を書いて、笹に吊るすルーツは、江戸時代の寺子屋で、塾生達が「書道が上手くなるように。」と吊るしたのが始まりとされてます。

七夕の短冊の色も、中国の五行説に由来していると言われていて、調べてみると、意外な事実がわかるかも?!

せっかくの七夕ですから、願い事が叶うと良いですね。

素麺も色々!

素麺と言えば、母に言わせると「揖保の糸」らしいですが、確かに揖保の糸の素麺は美味しいですよね。
何でも母の実家では、お店屋さんをやってたらしく、その時に亡くなった祖父が「素麺は揖保の糸じゃ!」みたいに、頑固に売る商品を決めていたそうで。

でも今はネットがあるので、色々な地方の素麺を食べられるようになりましたよね~。
讃岐うどんならぬ、讃岐素麺もあるみたいで、こちらも今度食べてみたいなぁ。

そして、以前の記事と今回の記事では、素麺のアレンジ方法のレシピのご紹介をしてきましたが、発想がすごい!と思います。

七夕に★可愛いそうめんアレンジ
七夕に★可愛いそうめんアレンジ

作者:手作り大好き さくら

我が家にも一応星型の抜き型がありますが、素麺に使うなんて考えたことなくて、本当に他の方のレシピは勉強になります。

素麺はゆで時間が短いので、結構頻繁に作りますが、問題はつゆなんですよね。
市販のめんつゆを薄めて食べることが多かった幼少時代。

何しろその頃は、まだ料理をし始めたばかりで、出汁を取る方法なんて、誰も教えてくれなかったですしね。
でも、今は出汁を取って作るようになり、家族からもめんつゆ禁止令が出ました。

市販でも美味しいめんつゆはあります。
でも、出汁を使っためんつゆを作ったら、家族からはこちらの方が美味しいとなり、面倒な部分もあるものの、やっぱり手作りの方が良いかなぁと。

ということで、今朝のうちに、出汁を取ってめんつゆを作ってあります。
今粗熱を取っている所なので、冷めたら冷蔵庫に入れて、キンキンに冷やそうかと。

今回の素麺も素敵だし、前回の素麺も素敵だし…。
今日はどちらにしようかな?

素麺も色々あるなんて、知ることが出来るネット時代は、本当に便利ですね!

独り言…

先日ご紹介したきゅうりのお漬物?ですが、昨日お客さんにきゅうりをいただいたので、早速作ろうとしたら…。
父から「待った!」がかかりました。

どうやらゴマ油が入るのが嫌らしく…。
「普通の浅漬けの方が美味い!」と、きゅうりの板ずりを始めました。

「でも、これだけ多くのつくれぽ!があるってことは、美味しいはずだよ?作ってみない?」と言ったのですが、「ごま油はダメだ!」と頑なに拒否されました。

そう言えば、私は普段の料理にゴマ油を余り使わないかも?
やっぱり食べないでいると、嫌いになっちゃうんですかね?

試してみたかったなぁ。
1分で出来るというのも、魅力的だったし。

1本で出来るみたいだし、今度こっそり試してみようかな?
一人で消費すれば、ばれないですよね?

さて、今日は真夏日の予定の北海道。

朝往復一時間ほどのスーパーで、タイムセール品もゲットしてきましたし、素麺のつゆもセットしましたし。

朝のうちは、ゆっくり出来そうです。

さて、今日は願い事をしなくちゃ!