ずぼら日記【2017/7/9】イカ焼きが大好き!

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

お祭りのいか焼きは美味しいですね!

夏が来ると、お祭りも近付き、食べたい物が増えますよね?
私は、お祭りでは必ず、お好み焼きを食べるんですが、焼きイカも捨てがたい…

何故お祭りのイカって、あんなに美味しいんでしょうね。
気分もありますが、独特の炭火の感じとか、食べたくなる味ですね。

フライパンでイカを焼くこともあるんですが、火力が足りないのか、いつも物足りない味に。

かと言って、炭火をおこすとなると、それはそれで大変ですし。

屋台の焼きイカも、味が付いているパターンと、味がついていないシンプルなバージョンがありますが、私は絶対に味が付いてる方が好きですね。
確かに味が付いてなくても、美味しいことは美味しいんですが、屋台独特の味付けが好きなんです。

ちょっと甘辛い味付けの焼きイカは、自宅で作れたら、素敵ですよね?
ということで、今回のご紹介しているレシピになるわけですが、何と!フライパンで作れるそうです!

屋台の味が、フライパンで作れるのなら、こんなに嬉しいことはないですよね!
今年はイカの値段が高騰してますが、もしスーパーで安売りしていたら、こちらのレシピを試してみたいです。

フライパンで焼く時のポイント?

今回ご紹介しているレシピでは、フライパンで焼くとあって、いくつかポイントがあるみたい。

フライパンで作る☆ ”屋台風イカ焼き”
フライパンで作る☆ ”屋台風イカ焼き”

料理名:いか焼き
作者:グルヤマ

まず、焼きイカは皮をむきません。
ここは、我が家も一緒です。

次に、あらかじめイカに味付けをするんですねー。
なるほどです!
焼いている間に味付けをしたら、焦げちゃうこともありますものね。

焼く時には、酒で蒸し焼きにするみたい。
焼く時の温度も、我が家では、強火で焼いてましたが、弱火で焼いた方が良いんですね。
勉強になります!

最後にタレを回しかけて、ここで煮詰めるんですね。
イカの照り焼きみたいで、完成写真もとっても美味しそう!

フライパンで焼く時のコツとしては、多分まずあらかじめ味をつけておくことと、蒸し焼きにすることかな?

イカの下処理って、魚ほど大変じゃないので、便利なんですよねー。

つくれぽ!が多いので、皆さん満足されてるみたいですね。
私もこんな風に美味しい料理が作れるようになりたいなあ。

独り言…

七夕の素麺に続き、昨夜も麺類でした。

今度は、冷やし中華にしましたよー。

というのも、生ラーメンが1袋75円だったので、6食で150円で作れる!
もちろん!タレも手作りしました。
市販の冷やし中華のタレって、美味しいんですが、中途半端に余っちゃうんですよ。

なので、前回当ブログでもご紹介した「レイチュウのタレ」のレシピを使ってるんですね。

暑い日だったので、冷やし中華が大好評!
錦糸卵とか、ちょっと面倒でしたが、作って良かったと思いました。

ちなみに、こんな感じに作りました。

トッピングは、いただきもののきゅうりに、錦糸卵、魚肉ソーセージ、紅生姜、おくらです。
コストも抑えられましたし、冷たい麺は今の季節、良いですねー。

さて、今日は秋刀魚を買ってきたので、秋刀魚で何を作ろうかな?
塩焼きか蒲焼か、煮物か…
悩みます…