ずぼら日記【2017/7/25】こんにゃくの産地や由来

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

こんにゃくの有名な産地は?

ダイエッターには嬉しい食材でもあるこんにゃくですが、産地や由来など気になったので、調べてみました。

まず、こんにゃくいもが最初に現れたのは、1776年のこと。

コンニャクと呼ばれる食品自体は、コンニャクイモに含まれるコンニャクマンナンという多糖を糊化し、アルカリ液(通常水酸化カルシウム水溶液が用いられるが、かつては灰を水で溶いた汁を使った)を用いて凝固させたものが最初だったみたい。

歴史をちょっと引用すると。

1776年(安永5年)、水戸藩那珂郡山方村農民の、後に名字帯刀を許された中島藤右衛門(なかじま とうえもん)(1745年-1825年)が乾燥した球茎が腐らないことにヒントを得て粉状にすることを思いついたとされる。

とのことでしたー。

ちなみに、有名な産地は、群馬県の下仁田と言われています。

実際に群馬に妹がいるので、遊びに行ったことがありますが、結構周りにこんにゃく屋さんが多かったですねー。

群馬には、相模屋というお豆腐屋さんもあるので、しかも豚肉も美味しい!
群馬に妹が嫁いでいかなかったら、知らなかったことばかりですが、また遊びに行きたいなぁ。

蒟蒻ステーキの味付けは?

こんにゃくでステーキを作ると、味付けに困りますよね?
ローカロリーなステーキなので、味付けもローカロリーに行きたい所ですが、普通の醤油とかだと、すぐに飽きちゃうんですよ。

かと言って、ドレッシングもなぁと思っていたら、こちらのレシピにたどり着きました。

ダイエットメニュー♪簡単こんにゃくステーキ
ダイエットメニュー♪簡単こんにゃくステーキ

料理名:ダイエットメニュー♪こんにゃくステーキ
作者:Nao’s

何と!ステーキの味付けに、焼肉のたれを使ってらっしゃるんですね。

切れ目を入れることで、早く煮えるようにしているのと、灰汁をしっかりと取っているので、こんなに綺麗な写真になるんですね。

焼肉のたれを、蒟蒻ステーキに使うなんて、考えたこともありませんでした!

こんにゃくステーキの味付けには、今度焼肉のたれを使ってみようかな?

蒟蒻ステーキなのに、こってり仕上がれば、その分食べやすくなりますよね?

こんにゃくは、父が食べられないのですが、というのも、以前腸閉そくで入院をしたことがあり、また詰まらないようにと、こんにゃくや寒天はNGなんですよ。

私は今ダイエット中ですし、バリバリ食べられますので、今度焼肉のタレが手に入ったら、ぜひ作ってみたいです!

独り言…

今週から、ライティングの仕事を増やしました。

今までのライティングと違い、かなり制約が多くて、最初は修正が多いものなので、まずは1記事挙げて下さいと言われ、3時間もかかりましたが、1記事をあげたら、案の定修正が入り。

でも慣れてくれば、普通にかけるそうなので、まずはどんどん回数をこなすしかないですね。

そう言えば、先日つるはに行ってきました。

髪を染めるヘアカラーが切れたので、店頭にあるくじを引いて、大当たりが出たら10%引き!

10%引きになれば、税込905円の商品なら、91円引きに!
そうしたら、お茶代くらいは浮く!と思って、くじを引いたら、やった!大当たり!

他のスーパーと比べても、結構割安なお値段に、更に10%引き!

何だか嬉しくなりました。

しかも楽天のエディで支払えますし、楽天のポイントカードとツルハのポイントカードも貯まりますし。
袋を要らないと言えば、エコポイントも貯まったり。

結構な頻度でツルハには行きますが、いつも店員さんが対応良くて、こちらも嬉しくなっちゃいます。

髪の毛を染め始めたのは、32歳になってから。
やっぱり、アラフォーといえども、白髪が多いと、悪印象を与えますから、早めに染めないとですね。

今日は夕食後に時間が取れそうなので、その時に染めようかな?

え?色?ダークブラウン一択ですよ?