ずぼら日記【2017/11/7】大学芋が美味しい!

2021-03-07

Print Friendly, PDF & Email

さつまいもと言えば大学いもでしょう!

私は、料理に使うのにはさつまいもを余り使いません。
使っても天ぷらくらいで、後はたまに炒めものに入れるくらい。

でも、大学いもは昔から好きなので、たまに食べたくなります。
母は大のさつまいも好きですが、そう言えば、母がさつまいもを使った料理って、甘煮しか記憶にないですね。

大学生が考案したとされている大学いもですが、揚げたさつまいもに絡む甘辛い味って素敵なんですよねー。
ごまが風味アップしてくれるので、これまた美味しい!

そう言えば、大学いもではないですが、母の誕生日に「あべのいも」というのを買ったことがあります。
上記の画像から飛べますが、送料無料のセットもあるので、そちらを買ったんですね。

しっとりしたさつまいもと餡が絡んで、すごく美味しい!と喜んでもらえました。
自分で作るのも素敵ですが、たまにはお店の大学いもも良いものですね。

さつまいもは、南瓜に比べると、使いやすいのもまた魅力ですよね?

大学いものポイント?

大学いもは、さつまいもを揚げて作りますが、揚げる時には、しっかりと揚げないと美味しくありません。

固い大学いもは、美味しくないので、パンパンに膨らむくらいまで、しっかりと揚げないとダメです。

竹串がすっと通るくらいが目安ですね。

今回ご紹介しているレシピでは、揚げずに揚げ焼きされてますが、こちらは中火で5分くらいが目安だそうです。

子供のおやつに☆フライパンで作る大学イモ
子供のおやつに☆フライパンで作る大学イモ

料理名:大学イモ
作者:じゅりあん〜♪

さつまいもの切り分けたサイズの大きさにもよりますが、もしかしたら焼く方が簡単で、美味しいかもですね。

レシパーさんのポイントを引用させていただくと。

ハチミツなどを利用しても甘くておいしい大学イモになりますね。

とのことでした。

確かに蜂蜜は、大学いもに合いますもんね!

砂糖を減らして、醤油を多めにすれば、ご飯にも合うそうですよー。

子供さんのおやつにもぴったりですよね!
今度揚げない大学いもにも、挑戦してみたいです!

独り言…

昨夜は、安い牛肉が業務用スーパーで買い置きしてあったので、それですき焼き風の鍋にしました。

500gで400円の牛肉は、豚肉よりお安い!
それで、白菜とか椎茸とか人参とか、白滝とか入れて、煮ること10分!
すごく簡単に出来上がりました。

写真は明日公開予定ですが、すごく美味しくて、父も弟もご飯をおかわりしてました。
割り下もちゃんと作ったので、それもうまく仕上がりましたし、たまにすき焼きも良いなぁと。

で、食べる段階になって、いざ食卓に着くと、あれ?白滝がないよ?入れたはずなのに?と思っていたら、食事が始まった段階で、弟が全部の白滝を食べてしまったんです!

楽しみにしてたのにー!( ;∀;)
そう言ったら弟が、「いやー。味が染みて美味しかったわー。今度から多く入れて。」と。

「あんたは、それ以上体重を減らす必要ないでしょ!ローカロリーの食材を食べるな―!」と言ったものの、ない物は仕方ないので、野菜と牛肉を少しずついただきました。

今日は何にしよう…。

さて、今日も頑張りますぞー!