ずぼら日記【2018/1/25】旬のワカサギは美味しい!

2021-03-07

Print Friendly, PDF & Email

わかさぎシーズンですね!

最近は頂き物で、わかさぎをもらえなくなりましたが、わかさぎは揚げものにすると美味しいんですよねー。

我が家では、いただいたその日に処理をしてしまいますが、フリッターにしても美味しいですし、揚げたわかさぎを南蛮漬けにすると、いくらでも食べられちゃう気がします。

肌が乾燥する冬にこそ、魚を食べたいものですが、冬に食べたくなる魚と言えば、やっぱりわかさぎですね。

わかさぎの良い所は、小さい魚なので、揚げてしまえば、骨ごとかじれる所です。

我が家には、魚が苦手な弟がいますが、わかさぎとかは普通に食べられます。

ほとんど臭みがない上に、カルシウムもばっちり取れるワカサギ。
そのまま食べても美味しいですし、南蛮漬けとかタルタルソースでも美味しい!

当ブログにも、わかさぎレシピが載っていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。^^

わかさぎの南蛮漬けのポイント?

わかさぎは、天ぷらにしても美味しいんですが、天ぷら粉をつけると、どうしても衣が分厚くなってしまいます。

そんな時には、薄力粉をまぶしたり、片栗粉をまぶすだけでも、美味しく出来上がりますね。

わかさぎ南蛮漬け
わかさぎ南蛮漬け

料理名:魚料理 南蛮漬け
作者:根岸農園

南蛮漬けのポイントは、何といっても味付けですが、野菜も取れるので、おすすめしたい食べ方になります。

ちょっぴり酢が入るので、酸味がまた揚げたわかさぎと合うんですよね。

レシパーさんからのポイントを引用させていただきますと。

野菜から水分が出てくるので、味が薄くなった場合、調味料を調節してください。
漬けてすぐ頂いてもOK~冷たく冷やしてもOK~♪
お酢のニオイが気になる方は1度調味料を沸騰させ、冷めてから漬けて下さい。

とのことでした。

確かに酢の匂いが気になることってありますよね?
ちなみに、我が家では寿司酢を使って、楽をしちゃいます!

独り言…

先日大腸の検査をしてきた母ですが、検査の結果大小のポリープが見つかり、出血の原因がわかったみたい。

小さい方は内視鏡検査でなんとかなったそうですが、大きいのは外来では無理と言われたらしく、大きな病院の紹介状を書いてもらったそうです。
今度どこの病院で手術をするかは未定ですが、多分その病院で手術と入院になるんだとか。

年齢も気になりますが、ポリープは取ってしまわないと、悪性か良性かに関わらず、血便は治らないよ?と言われたらしくて。

でもお陰で、しっかりと検査が出来て、原因も判明したので、母は行って良かったねーと家族で言ってました。

ちょっと遠い病院なので、短期間の入院ならお見舞いに行けないかもしれませんが、この際しっかりと治してもらおうということに。

父も今度検査を受けに行こうかな?なんて言ってます。
そう言えば、父も大腸のポリープ取ったことがあるんですよね。

食事の支度も、少し気をつけないとなぁと思った次第です。

さて、今日も仕事が夜まであるので、出来るだけ早めに終わるように頑張ります!