市販の餃子で!温玉の餃子丼

2016-10-22

温玉の餃子丼
Print Friendly, PDF & Email

餃子がお得パックで、お安かったので、いつもそのまま焼いていたんですが、それじゃ面白くないと思い、餃子丼にしてみました。
温玉も付けてみたら、意外と好評で、特にタレが美味しいと大好評でした。
青じそを敷くことで、油っこい餃子も少し、さっぱりといただける味になったと思います。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:20分ほど

餃子(市販)…30個程白飯…丼4杯青じそ…4枚
卵…4個カンタン酢…50ccめんつゆ…50cc
ラー油…適量

作り方:

  1. 鍋に卵が隠れるくらいのお湯を沸かし、沸騰したら、火を止めて、卵を入れ、15分放置して、温泉卵を作る。
  2. フライパンに薄く油を引き、餃子を中火で、3分ほど炒める。
  3. 焦げ目がついたら、お湯を適量加える。
  4. そのまま蓋をして、弱火で、5分ほど蒸し焼きにする。
  5. 5分経ったら、蓋を開け、水分が残っているようなら、強火で飛ばす。
  6. 小さめのボールに、かんたん酢、めんつゆ、ラー油を加え、タレを作る。
  7. 丼に白飯を盛り付け、タレを大1回しかけ、中央に青じそを置き、周りをぐるっと餃子で囲う。
  8. 中央に、温泉卵を割り入れ、完成!!

温玉を作るのが面倒なら、フライパンで目玉焼きとかでアレンジが可能です。
餃子は蒸して火を通していますので、パリッとさせたい場合は、蒸した後、水分を飛ばすと良いと思います。
餃子は、今回市販品を使いましたが、もちろん!手作りでも。