2色いなり寿司

2015-09-24

2色いなり
Print Friendly, PDF & Email

中に詰めるご飯を、二種類用意しました。

稲荷の皮は、ちょっとだけ薄味です。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(6人分) 所要時間:60

稲荷の皮
小揚げ … 15~20枚酒 … 100cc醤油 … 大5
水 … 300cc砂糖 … 40gみりん … 150cc
酢飯
酢 … 大9砂糖 … 大3塩 … 小2弱
混ぜご飯
ご飯 … 10カップ弱生姜 … 1かけ人参 … 1/2本
油揚げ … 1枚めんつゆ … 大1キノコ … 1/2パック
醤油 … 大1酒 … 50cc

作り方:稲荷の皮

  1. 沸騰させておいたお湯の中に油揚げを入れ、10秒くらい煮る。
  2. すぐにざるに空けてお湯を切り、上からぎゅっと押さえつける。
  3. 小鍋にみりんと酒を入れて、煮立たせてアルコールを飛ばす。
  4. 水、砂糖、しょうゆを加え、さらに煮立たせる。
  5. 沸騰したら、火を弱火にして小揚げを投入する。
  6. そのまま、ことこと弱火で10分くらい煮込み、火を止める。
  7. 火から下ろし、そのままフタをして冷ましておく。

作り方:酢飯

  1. 白飯を半分取り、別の容器に入れる。(混ぜご飯用に取っておく。)
  2. 飯台に炊けたご飯の半量を入れ、合わせ酢を木ベラを伝わせて回しいれる。
  3. 木べらで切るように混ぜながら、冷ましていく。
  4. 冷め始めたら、さらに切るように混ぜ、湯気が立たなくなるまで冷ます。

作り方:混ぜご飯

  1. フライパンに油大1(分量外)をしき、生姜を軽く炒める。
  2. 酒を入れ、強火にしてアルコールを飛ばす。
  3. 香りが出てきたら、人参を入れ、弱めの中火でじっくり火を通す。
  4. 人参が柔らかくなったら、油揚げとキノコを入れて軽く炒める。
  5. しょうゆ、つゆを入れ、味がなじむまで弱火で火を通していく。
  6. 全体が茶色く色づいたら火を止め、冷ましておく。
  7. 冷めたら、具と先ほど半分取っておいた寿司飯と混ぜて置いておく。

作り方:皮に詰める

  1. いなりの皮を破らないように広げ、寿司飯を詰める。
  2. 上に好きな量の錦糸玉子を飾る。
  3. 同じように、混ぜご飯もいなりの皮に詰め、錦糸玉子を飾る。
  4. 完成!!

皮は湯通しした後、手でぎゅっと絞らないと、味が薄くなるので気をつけて下さい。