ずぼら日記【2017/5/29】豆腐は作るものによって変更

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

豆腐は絹ごし?木綿?

豆腐と言えば、日本の伝統的な食材ですよね?
絹ごし派の方もいれば、木綿派の方もいらっしゃると思いますが、私は断然絹ごし派です!

木綿のごわごわした食感が好きではなくて、滑らかな絹ごしが好きなんですよね。
でも、料理によっては、木綿の方が合うこともありますし、木綿豆腐も嫌いではないです。

でも、味噌汁に入れるなら、やっぱり絹ごしが好きですねー。
我が家では、木綿豆腐が両親が好きなので、いつも木綿ばかり…(; ・`д・´)

そう言えば、最近は近所のスーパーでも、相模屋の豆腐を扱ってるみたいです。
相模屋と言えば、ガンダムシリーズの甘い豆腐など、スイーツみたいで美味しかったです。

群馬にいる妹の旦那さんが相模屋さんで働いてることもあり、以前沢山の豆腐を送ってくれたことも。
豆腐麺とか、すごく美味しかったですねー。

豆腐って、本当になんにでも合うんですね。
ローカロリーでヘルシーですし。

おからクッキーとかも美味しいし、今度豆腐料理でも開発してみようかな?

豆腐のつくねのポイントは?

豆腐って、ハンバーグにしても美味しいですが、つくねと作り方が似ていますよね?
片方は焼いて、片方は揚げるわけですが、混ぜる段階まではすごく似てるんですよ。

水切りなしというのは、私は良くハンバーグでやります。
ハンバーグ作りで、良くパン粉を牛乳でふやかすというのをやりますが、豆腐の水分があれば、ふやかす作業を省けるんですね。

水切りしないで済むというのは、結構時間の短縮にもなりますし。
何より、絹ごし豆腐や木綿豆腐の味わいが、引き立つと思います。

もちろん!料理の種類にもよるんですが、ひき肉と合わせる時には、水切りをしない豆腐の方が美味しく仕上がる気がしますね。
絹ごしだとより滑らかになりますが、好みで木綿豆腐にしても良いですし、おからとかも入れると美味しいんです!

つくねってお弁当にも良く合いますよね。
豆腐でボリュームアップしつつ、カロリーも抑えられるので、ダイエッターにも良いかも。

油で揚げる時にも、クリームコロッケみたいに、成形が大変ということもありませんし。
今回ご紹介しているレシピでは、鶏挽肉を使ってらっしゃいますが、豚だろうと合びき肉だろうと、アレンジは自在だと思います。

水切りなし♡豆腐でボリューム♡ふわふわ鶏つくね
水切りなし♡豆腐でボリューム♡ふわふわ鶏つくね

料理名:つくね
作者:mino(・´`●)

このレシピのままで、焼いたら豆腐ハンバーグになりますね。
やっぱり豆腐は、万能食材ですねー。

日本に生まれて良かったー

独り言…

昨日は、父が採ってきてくれた山菜も最後ということで、笹竹で含め煮を作りました。

昔祖母が作ってくれた含め煮が美味しかったので、それを再現すべく作ってみたら、父が大喜び!
「これは絶品!」とすぐさま、おかわりに走りました。

「こんな美味しいなら、また採ってこようかな?」なんて言ってくれたんですが、家族からは「危ないからやめたら?」なんて言われてました。
というのも、毎年山菜とりで行方不明になる方も多いので、山菜は嬉しいですが、何かあったら困りますもんね。

毎年父のお陰で、山菜が食べられるんですが、やっぱり心配にはなりますね。

でも、もし採ってきてくれたら、今度また含め煮にしようと思います。
笹竹って、皮をむくのが大変ですけども。(; ・`д・´)

さて、今日からまた一週間!
仕事も食事の支度も、頑張るぞー!