お盆のお供えにも!味噌ダレの団子

味噌ダレの団子
Print Friendly, PDF & Email

団子の分量は、我が家では黄金レシピと呼んでいるもので、もっちり加減と固さがちょうど良いと、好評なレシピです。
基本的には、白玉粉と上新粉を混ぜた物に、水を少しずつ入れながら、耳たぶくらいの柔らかさになったら、丸めてゆでるだけと簡単に作れます。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:15分ほど

白玉粉…80g上新粉…40g水…100~120cc
黒砂糖…25g水…大1味噌…大1

作り方:

  1. ボールに白玉粉と上新粉を入れ、良く混ぜる。
  2. 水を少しずつ加え、耳たぶくらいの柔らかさになるまで、良く練る。
  3. ひとまとまりになったら、12等分して、それぞれ丸める。
  4. お湯を沸かし、丸めた団子を加え、浮いてきたら、更に1分ほどゆでる。
    (浮いてすぐだと、中まで火が通っていない可能性がありますので、浮いてから1分以上は、必ずゆでて下さい。)
  5. すぐに冷水に取り、団子を冷やす。
  6. 団子を冷やしている間に、味噌だれを作る。
  7. フライパンに黒砂糖、水、味噌を加え、焦げないように混ぜながら、とろみがつくまで火を通す。
  8. 冷えた団子に、味噌だれを絡めて、完成!!

気を付けたいのは、味噌だれを作る時で、傍についていないと焦げてしまうことがありますので、焦げないように、火の調節をしっかりとして下さい。
醤油ダレとか、餡子とか団子の食べ方にも色々とありますが、味噌だれもぜひ試してみて下さい。