道明寺粉で本格的な桜餅

桜餅和菓子
Print Friendly, PDF & Email

レンジで作れる、ちょっと本格的な桜餅です。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:30分

道明寺粉 … 260g水 … 300~310cc上白糖 … 大4
漉し餡 … 300g食紅 … 耳かき一杯塩 … 少々
桜の葉の塩漬け … 10枚

作り方:

  1. 透明なボールに水を入れ、少量の水で溶いた色粉を加えて混ぜる。
  2. 耐熱ボールに道明寺粉を入れ、色粉入りの水を少しずつ加えながら混ぜていく。
  3. そのままラップをして、レンジで6~7分程加熱する。
  4. レンジから取り出してラップを外し、代わりに乾いた布巾をかける。
  5. そのまま10分強蒸らす。
  6. 充分に蒸らしたら、上白糖と塩を加えて木ベラで切るように混ぜる。
  7. まな板の上にラップを敷いて生地を広げ、包みながら粗熱を取る。
  8. 粗熱が取れたら、ラップをかけたままで棒状に整える。
  9. 生地がくっついたりしないように、切る道具を水で濡らしながら行う。
  10. 水で濡らしたナイフなどで、棒状の生地を10等分する。
  11. 両手も水でぬらしてから、生地を手にとって6~7cmくらいの円状に広げる。
  12. 円状の生地の円周を上に持ち上げるような気持ちで、中央にあんこを入れるスペースを作る。
  13. 中央にあん玉を乗せ、指先で軽く押し込む。
  14. 生地を時計回りにくるくると回しながら、あん玉を押し込んでいく。
  15. 生地を回しながら、閉じ口を上の中央部分に持ってくる。
  16. 閉じ口が上に来たら、そのままねじるようにして口をふさぐ。
  17. 手のひらの下の方で静かにコロコロと転がし、形を整える。
  18. 全部のあん玉を包み終えたら、両手を水洗いし、俵型にする。
  19. 1つずつ桜の葉でくるんで、完成!!

餡玉を包む時は、手がねばねばしていると、生地が手にくっつきます。

最悪生地が剥がれてあんこが見えてしまうので、きちんと生地がくっつかないように両手を水洗いして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました