マンゴーのムースケーキ

マンゴーのムースケーキデコケーキ
Print Friendly, PDF & Email

本当は夏向けのケーキですが、缶詰があれば、オールシーズン作れるムースケーキです。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(セルクル18cm・1台分) 所要時間:120分

スポンジケーキ
卵 … 5個グラニュー糖 … 100g薄力粉 … 100g
バター … 40g
マンゴームース
マンゴー … 150g生クリーム … 200cc砂糖 … 60g
レモン汁 … 小1粉ゼラチン … 5g
マンゴープリンとデコレーション
マンゴー … 100g生クリーム … 40cc粉ゼラチン … 5g
水 … 50cc砂糖 … 30gレモン汁 … 小1/2

 作り方:スポンジケーキ

  1. ボールに全卵を割りいれ、泡立て器で良くほぐす。
  2. 平たい鍋にお湯を沸かし、温度を60~80度に保つ。
  3. 卵の入っているボールに砂糖を全部入れ、ザラザラ感が消えるまで泡立てる。
  4. お湯の上に卵の入ったボールを浮かべ、そのまましっかりと泡立てる。
  5. 生地の中に指を入れてみて、ほんのり温かく感じたら、すぐに湯せんから外す
  6. 湯せんが終ったら、今度はバターの入った容器を浮かべて湯せんにかける。
  7. さらに空気を含ませるように、泡立てを続ける。(約3分)
  8. 全体がもったりとしてきて、ヒラヒラとリボン状に落ちるまで良く泡立てる。
  9. ふるった粉を2回に分けて加え、その都度ゴムベラでさっくりと混ぜる。
  10. 溶かしバターをゴムベラを伝わせて流しいれ、底の方からしっかりと混ぜ る。
  11. 型に生地を一気に流しいれ、上からトントンと落として空気を抜く。
  12. 170度のオーブンで、30分程焼く。
  13. ケーキクーラーの上で粗熱を取り、その後使うまで大き目の鍋をかぶせておく。

 作り方:マンゴームース

  1. マンゴーをつぶし、裏ごししてピューレを作る。
  2. ふやかしておいたゼラチンを、湯せんかレンジにかけ完全に溶かす。
  3. マンゴーのピューレにゼラチンを加え、良く混ぜ合わせる。
  4. ボールの底に氷水をはり、とろみが付くまで混ぜ合わせる。
  5. 別のボールに生クリームをいれ、6分立てくらいの柔らかいクリームを作る。
  6. 先ほどのピューレに生クリームを加え、良く混ぜる。

作り方:マンゴープリンとデコレーション

  1. マンゴーの実を一口大に切り、ボールに入れる。
  2. ハンディミキサーか裏ごし器を使い、マンゴーをピューレ状にする。
  3. 小鍋に砂糖と水100cc(分量外)を火にかけ、砂糖を完全に溶かす。
  4. 一旦火を止め、ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。
  5. ゼラチンが完全に溶けたら、マンゴーを加えて良く混ぜ合わせる。
  6. 粗熱が取れたら生クリームも加え、良く混ぜ合わせる。
  7. もう一度裏ごしし、ボールの底を氷水で冷やす。
  8. へらでゆっくりとかき混ぜながら、どろりとして重たくなるまで混ぜる。
  9. そのまま室温に置いておく。
  10. 完全に冷めたケーキ生地を、3枚にスライスする。
  11. 1枚を18cmのセルクルの外周に合わせて切り、回転台の上に乗せる。
  12. 残りの2枚は、18cmのセルクルを使い、クッキーの要領で切り抜いておく。
  13. 台の上のケーキに、上からムースの半量を流しいれ、平らに整える。
  14. ムースの上に切り抜いたケーキを乗せ、さらに上からムースを流し込む。
  15. 同じように平らにならし、最後の一枚を16cmのセルクルで抜く。
  16. 抜いたケーキをそっと上に乗せ、マンゴープリンをそっと流しいれる 。
  17. 冷蔵庫で30分~40分冷やし固め、セルクルを外す。
  18. 完成!!

セルクルを使うと、断層が綺麗に出ます。セルクルを外す時には、お湯で絞った布巾で、周囲を温めてから、上に持ち上げます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました