ずぼら日記【2017/6/8】赤いねぇ。

2021-03-11

Print Friendly, PDF & Email

赤いって素晴らしい!

私の愛読書に「ダーリンは外国人」という漫画がありますが、トニーが赤いって素晴らしい!というシーンが可愛くて。
イタリアとハンガリーのハーフであるトニーさんですが、トマト料理が大好きなんですね。
クリームソースや作者も「赤い!」と言うトニーさん。

でも、気持ちは良くわかります。
私もトマトは大好きなので。
ただ、生で食べるのが苦手なので、料理に使いたいんですが、家族は生派なので、困るんですよ。

生で食べた方が美味しいと言って、頑なにトマト料理を拒むんですね。
魚も塩焼き以外認めない所があって、料理の作り甲斐がないなぁと。(; ・`д・´)

ミネストローネとか大好きなのに、作っても誰も食べたがらないという。
一番下の妹だけは喜んでくれるので、たまに作って送りますけども。

そして、トマトはチーズとめっちゃ相性が良いですよね!
ピザも大好きな私は、ピザを食べるだけで幸せになれます。

いつか「これなら食べられる!」と家族が喜んでくれるようなトマト料理が作りたいなぁ。

鶏肉のトマトチーズ煮のポイント?

今回ご紹介しているレシピでは、ポイントが書いてありましたので、そちらもご紹介すると。

鶏肉のトマトチーズ煮
鶏肉のトマトチーズ煮

料理名:鶏肉のトマト煮
作者:しゅうくりいむ。

トマト缶にも種類がありますが、カットトマト缶ではなく、ホールトマト缶を使う場合は、煮る時に崩す必要があるとのことです。
確かに、ホール缶だと、トマトが大きすぎますもんね。

それにしても、とろけたチーズの黄色とトマトの赤色の組み合わせの素敵なこと!
もう見た目だけで、ご飯がいっぱい行けます!(笑)

鶏肉を使われているので、そこもすぐに手に入る食材なのが嬉しい所。
ピザ用チーズだと、とろけた時に、外見がたまらなく美味しそうに見えますよね。

トマト缶って、割と使い道がない缶詰なので、こういう料理に使ったら、美味しそうだなぁと思います。
今までパスタばかりに使ってきましたが、次回トマト缶が手に入ったら、ぜひ作ってみたいです!

独り言…

昨夜は、細竹の含め煮と、チャーハンでした。

何故炒飯かと言えば、いわゆるミリ飯をいただいたんですが、そのままだとパック詰めのご飯が美味しくないからと、チャーハンにしたんですね。
独特の臭みがあるご飯なので、チャーハンにすると皆が喜んでくれます。

ただ、毎日は飽きるので、一か月に一回くらいにしてますが。

今日は朝から雨模様の北海道。
外に行くのが億劫になる天気ですね。

最近PCチェアに座ってばかりいるせいで、腰も痛くなるしで。

もっと筋力付けないとなぁと反省している所です。

今日の夕食は、ハンバーグの予定なので、プチトマトを半額で買った分もありますし、大根サラダもつけて、ドンキー風のハンバーグにしようかな?
ひき肉が安い時にしか出来ないので、一応ハンバーグは我が家ではご馳走扱いです。

さて、今日も頑張ろうっと!