あらを使って!イナダと大根の煮物

イナダと大根の煮物
Print Friendly, PDF & Email

イナダのアラが安く手に入ったので、ブリ大根ならぬ、イナダ大根を作ってみました。
イナダと鰤は、実は同じ魚で、ブリが成長魚な為、大きさや年月によって呼び名が違うんですね。

大根は下ゆでしますので、柔らかく仕上がりますよー。

ぜひ、作ってみて下さい。

材料:(4人分) 所要時間:30分ほど

大根の煮物
いなだのアラ…300g大根…1本生姜の千切り…1かけ
調味料
水…900cc醤油…100cc酒…150cc
みりん…100cc砂糖…大5

作り方:

  1. 大根は皮をむき、1cm幅くらいの輪切りにする。
  2. 鍋に大根と、米と、かぶるくらいの水を入れ、大根が半透明になるまで、20分くらい下ゆでする。
  3. ゆで終わった大根は、流水で洗って、水切りをする。
  4. いなだは、お湯でさっと白っぽくなる程度まで煮て、冷ましておく。
  5. 大きめの鍋に、いなだと大根、<調味料>の醤油以外の材料を入れ、20分ほど煮る。
  6. 醤油も加えて、更に20分ほど煮る。
  7. 落としブタをし、煮終わったら、室温で味をなじませる。
  8. 完成!!

甘辛い味付けなのは、オーソドックスな味にしたかったからで、ポイントは大きめの平たい鍋を使うことになります。
平たい鍋を使うと、大根やイナダが重ならなくて済むので、煮ると味が染みやすくなりますし、煮る時間も短縮できます。
我が家では、鍋物用の平たい鍋を使ってます。